JALが2016年度の路線計画を発表

日本航空(以下」、JAL)が、2016年度の路線計画を、1月20日に発表した。その内容は以下のようなものである。

■国際線
国際線では前年度より進めている、BOEING777-200ERの「JAL SKY SUITE」への改修を進め、投入路線を拡充させ、羽田-バンコク、羽田-シンガポールなどの東南アジア路線に投入するとしている
また「JAL SKY SUITE」仕様のBOEING787-9を成田-ボストン、成田-クアラルンプール線で導入するとしている。具体的な路線計画は以下の通り

◇増便

路線 期間 内容
成田-モスクワ便 3月27日~6月30日

月・水・金・日(週4便)に増便

7月1日~10月29日

月・水・金・土・日運航(週5便に増便)

 ※現在は水・金・日の週3便

◇ダイヤ変更
・成田-パリ便:成田発11:40(日本時間)→パリ着17:10(現地時間) に変更

  ※変更前:成田発 14:00(日本時間)→パリ着 19:30(現地時間)

◇機材変更

路線 時期 便名 変更内容(往復)

成田-ボストン

2016年6月11日~ JL008/007 787-8 → 787-9
成田=クアラルンプール 2016年9月11日~ JL723/724 767-300ER → 787-9
羽田=シンガポール 2016年3月27日~ JL037/036 767-300ER → 777-200ER
成田=デリー 2016年6月 1日~ JL749/740 787-9 → 787-8
羽田=北京 2016年3月27日~ JL025/020 767-300ER → 787-8
羽田=香港 2016年9月 1日~9月30日 JL029/026 777-200ER → 777-300ER
成田=香港 2016年3月31日~ JL735/736 767-300ER → 787-8
羽田=ソウル(金浦) 2016年6月 1日~8月31日 JL095/090 767-300ER → 787-8
羽田=台北(松山) 2016年3月27日~ JL097/098 777-200ER → 767-300ER
成田=台北(桃園) 2016年7月 1日~ JL809/802 767-300ER → 787-8

JAL B767-300 JA655J

■国内線
国内線では5月10日の大阪(伊丹)-鹿児島便を皮切りにして、エンブラエル190型機の導入を予定している。特徴的なのはこのクラスの機材で初めてクラスJを設定することだ。また一部路線ではプロペラ機からジェット機への変更を予定している。

◇季節運航(継続)
 大阪(伊丹)-松本線:1日1便(8月1日-8月31日) 
 大阪(伊丹)-女満別線:1日1便(7月16日-7月18日、7月23日-7月25日、7月30日-8月31日)
 新千歳-出雲線:週4便(8月1日-8月31日、月・水・金・日曜日運航) 
 新千歳-徳島線:週3便(8月1日-8月31日、火・木・土曜日運航) 
 中部-釧路線:週3便(8月1日-8月31日、火・木・土曜日運航) 
 中部-帯広線:週4便(8月1日-8月31日、月・水・金・日曜日運航) 

◇増便 
 羽田-那覇線:1日13便(1便増便 3月27日-4月27日、5月1日-10月29日)、1日14便(2便増便 4月28日-30日) 
 羽田-旭川線:1日5便(1便増便、7月16日-8月31日) 
 羽田-函館線:1日4便(1便増便、7月20日-8月11日) 
 羽田-青森線:1日8便(2便増便、7月20日- 8月11日) 
 大阪(伊丹)-青森線:1日4便(1便増便、7月20日- 8月11日) 

◇減便 
 羽田-三沢線:運休(7月20日-8月11日) 
 羽田-長崎線:1日6便(1便減便、3月27日-) 
 大阪(伊丹)-三沢線:運休 7月20日-8月11日 
 丘珠-三沢線:運休 7月20日-8月11日 
 福岡-松山線:1日4便(1便減便、3月27日-) 
 福岡-宮崎線:1日7便(1便減便、3月27日-) 
 福岡-鹿児島線:1日1便(1便減便、9月1日-) 

 ※三沢便の減便は三沢空港の滑走路工事に伴う一時的なもの

路線数の大幅な変更はないものの。これまでの既定路線通り国際線ではB787-9の導入、B777-200の改修を進めつつ老朽化したB767-300を退役させていくようである。一方、国内線のほうは戦術お通りE190の導入が決定している。同じエンブラエル社のE170も、乗ってみてなかなか良い機材であったが、こちらも楽しみのうちの一つである。


6 responses on JALが2016年度の路線計画を発表

  1. いはち より:

    あら。三沢~羽田路線は夏休み運休なんですか・・・
    三陸鉄道に乗りに行こうと思ったのに。残念です。
    青森空港との絡みもあっての事かと思いますが・・
    たまに乗るJALですが、エンブラエルに当たると良いです。

    1. ま~く より:

      いはちさん

      本文にも書きましたが三沢線は三沢空港の滑走路工事に伴う一時的な運休です。
      運休期間を外せば三沢行きには影響ないです。
      エンブラエルは関西方面の路線に投入されることが多いです

  2. あさと より:

    確かに明らかにB767-300ERの退役が進みますね
    私にとってはうれしいことですが
    JALの座席のゆとりがANAにも影響してほしいものです
    ブラジルの飛行機は
    JALではなくルフトハンザで乗りましたが
    案外力強くてよかったです

    1. ま~く より:

      あさとさん

      導入してから15年近く経つB767-300ERがまだいくつかありますので、退役の対象となっていくと思われます。
      また3年後にはA350-900がJAALに引き渡しになりますのでそれをにらんだ機材更新も進んでいくと思います

      エンブラエル機をJALが導入した際は、ブラジル製?という感想を持つ向きもありましたが乗ってみるとなかなか良い飛行機ですよね

  3. 餌釣師 より:

    あさとさんに同じく。
    いつもJALの真似っ子してたんだから、ANAさんにもシートピッチの拡張を真似して欲しいです。

    1. ま~く より:

      餌釣師さん

      シートピッチに関してはJALとANAで明確に考え方が分かれているようですね。
      ひいては収益に関する考え方の違いもあるかもしれません


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »