ソウル滞在記 Vol.3 -ノビチプ-

実はこれまで書いていなかったことであるが、今回の韓国旅行は今年の尋常ならざる出張を陰ながらサポートしてくれた妻への接待旅行であった。要望されたのはファーストクラスラウンジの利用と、おいしいものを食べることであった。

Imgp0133

ソウルについた時点では、前者はすでにクリアしている。そして後者であるが、カジノ行く前に食べに行きたい所を聞いたところ、ガイドブックを片手にリクエストされたのがノビチプという焼肉屋であった。実はこの店は7月の出張の際に、仕事先の相手に連れていかれた店である。

確かになかなかおいしい店であるが、客は日本人ばかり、値段は高い、おまけに現地の人は牛肉よりも豚肉の焼肉の方が一般的である。小生としては豚肉の焼肉を食べに行きたいところでである。そのことを伝えると、逆に小生が行ったのなら、なお行きたいと言うのでノビチプに行くことになった。

_digital_images_2008_12_16_imgp0141[1]

注文したのは骨付きカルビと味付けロース、それからビールとマッコリである。注文したのはそれだけであるが、日本の焼肉屋と違って、こちらでは副菜がたくさん並べられる。あっという間にテーブルがいっぱいになった。

肉はお店の人が焼いてくれるので客は待っていれば良い。店員が手際よく焼いて一口大の大きさにハサミで切ってくれるのだ。日本では刺しの入った牛肉が好まれるが、こちらではそうでもないようである。しかしながら肉質はやわらかくおいしく食べることができる。味の方もは文句はないし、これだけの注文で充分すぎるほどの満腹感を得ることができる。

ちなみにこの店での支払は70,000ウォン。日本円で5,000円台後半といったところであろうか。ウォン安の昨今でなければ、もっと高くついたに違いない。

_digital_images_2008_12_16_imgp0135[1]

まず注文したのは骨付きカルビ

_digital_images_2008_12_16_imgp0139[1]

そしてロース。

_digital_images_2008_12_16_imgp0136[1]

副菜その1。キムチが野菜のボウルの陰になっています。

_digital_images_2008_12_16_imgp0137[1]

副菜その2。チヂミもなかなかおいしかったです。

_digital_images_2008_12_16_imgp0138[1]

お肉はこんな感じで焼いてくれます。


14 responses on ソウル滞在記 Vol.3 -ノビチプ-

  1. ワンワールド より:

    初コメ遅くなりました(汗)
    美味しそうですね~!!奥様もさぞお喜びだったのでは!?
    焼肉食べたい…(笑)

  2. 餌釣師 より:

    いや〜奥方への接待旅行とは優しいっすね〜
    どっかの道楽釣師に爪の垢を煎じて呑ませたい(笑)
    こういうシーンでは女子の行きたいところに行くに限ります、円高の恩恵ですね。

  3. 落武者R より:

    やさしい旦那様ですね!
    我が家ではINTの経験は妻の方が多いので、INTに飛べない私が誘ったところで逆に馬鹿にされてしまいます。。(苦笑)
    悔しいのでいつか但馬にでも連れて行こうかと考え中です(笑)

  4. さ と より:

    良かったですね
    (^^)楽しめましたか
    ノビチプ〜プレジデントからは直線距離ですね
    メトロホテルが近くにあります
    ユッケも安いんですよね
    もう少し奥に入ると明洞の大繁華街です
    ちなみに世宗ホテルの裏が私の焼肉屋〜エリアでございます
    こちらにも豚肉の美味しい店も沢山あります

  5. ききあ より:

    ま~くさン男の鏡ですね(*..)奥さン幸せですょ―v(*^^*)/
    この前韓国やさんに行きましたがやぱ本場わ違うンですね★
    あたしも行ってみたいです(*ω

  6. くぅねる より:

    日本人に特化したお店と言ったところでしょうか?
    でも、本場の焼肉だけあって美味しそうですね~。
    ウォン安もあって、焼肉を食べるだけのために韓国へ行ってみようか
    本気で悩んでいます(^_^;

  7. やっぱりここにきたら焼肉ですよね~~。
    帰国するまでに肉食になっちゃいそう!

  8. ま~く より:

    ワンワールド さん
    ようこそ。これからもよろしく!!
    和牛と肉質は違いますが、美味しかったですよ。