スワンナプーム国際空港でトラップにはまる – タイ・イサーン冷涼録 Vol.59 –

前泊先のホテルでは、1時間に1本空港への送迎バスを運行しています。バスは事前予約制で、小生はチェックインの際に朝6時半のバスの予約をしていました。

翌朝、予定通りの時間にフロントでチェックアウトをします。すると「朝早い出発で朝食のサービス前なので弁当を用意した」と言われ人数分の箱を受け取ります。別に頼んでいたわけではありませんが、ホテルの気概を感じる思いでありがたく受け取ることにします。

Suvarnabhumi Airport (BKK) 20160207061411

そんなわけで出発したのはまだこんな感じで薄暗い時間です。ホテルのバスで空港に到着した後は、さっさとチェックインを済ませセキュリティチェックに移動します。小生ほどになりますと、空港のセキュリティチェックの際に液体を持っていて引っかかるなんてことはありません、、、、はずでした。

なんとこの日は液体を持っているだろうと言われチェックに引っかかります。しかし全く私には心当たりがありません。すると、係官はホテルで貰った弁当が入った箱を指さします。そこで中を開けてみると、そこにはサンドイッチとともに、ミネラルウォーターとオレンジジュースが入っています。フロントで受け取った後、一度も中身を見ていなかったのでわからなかったのです。重いなとは思っていたもののまさか、水物が入っているとは考えずセキュリティチェックまで来てしまったわけです。

思わぬところにトラップがあったなという思いとともに、ミネラルウォーターとジュースは没収となったのでした。

Suvarnabhumi Airport (BKK)

空港に到着した後はまっすぐJALのカウンターに向かいます。

Suvarnabhumi Airport (BKK)

一番奥にあるJGCカウンターでチェックインを済ませます。

Suvarnabhumi Airport (BKK)

ヤックとお別れした後に出国審査へ向かいます。この後、思わぬトラップが潜んでいることなど考えてもいませんでした。

Suvarnabhumi Airport (BKK)

問題の弁当はこちら。没収されてしまったので写真には写っていませんが、ここに水とジュースが一緒に入っていました。

6 responses on スワンナプーム国際空港でトラップにはまる – タイ・イサーン冷涼録 Vol.59 –

  1. あさと より:

    アジアでは朝食付きのホテルの場合
    早朝出発客などにこういうサービスをしているホテルが数多くありますね
    高級ホテルになるとありませんが
    4星以下のホテルではあるようです
    ただしあくまでチェックインの際の確認と同意があれば…ですが

    この自分があずかり知らない所の落とし穴は私も経験あります
    私の場合はライターですね
    ご存知のように旅の荷物は
    基本そのままで消耗品だけ入れ替えて旅に出ますので
    何かの手違いで前回の帰りに
    ライターがポロリとバッグに落ちてしまったことに気づかず
    そのままタバコと新しいライターを持って次に出かけた際・・・
    と言うのが多いです

    1. ま~く より:

      あさとさん

      私の場合は、早朝便を利用するという機会があまりありませんでしたので、こうして弁当を用意してくれたという経験はありませんでした。朝食はラウンジで食べるつもりでしたで、ホテルを予約した時も朝食の有無なんて全くノーチェックでした。

      ライターは以前に上海で一度引っかかった事があります。スーツケースに入っているのを忘れていましたが、その状態で何度も上海と日本を行き来していました。それがある日突然、X線の検査で引っ掛かったんです

  2. いはち より:

    そうですね。今から10年くらい前に液体に関するチェックが
    厳しくなったのを覚えています。私は小心者なので当時
    液体と名の付く物は全くバックに入れなかった記憶があります。

    それにしても良いサービスですね。四国を旅した時に(遍路では)
    たいがい日の出とともに出発なんです。朝はすごく早く用意してあるか
    あるいは握り飯程度の物を持たせてくれたりしますね。
    没収された飲み物はどう処分されるのでしょうか?

    1. ま~く より:

      いはちさん

      液体に関する持ち込みが厳しくなったのは、911の米国同時テロですね。あの時は飛行機を使ってまさかあんな事が起きるなんて思ってもみませんでした。

      没収された飲み物は日本でもタイでも廃棄処分だと思います。どこかの国ですと係官がこっそり持ち帰るなんて事も起きそうですが(笑)

  3. 餌釣師 より:

    トラップというから悪意を持った誰かに嵌められたのかと思ったら、何ともタイらしいほっこりする話でした。
    何かファシリティはイマイチでしたが、心優しいアジトでしたね。

    1. ま~く より:

      餌釣師さん

      サービス面では文句ないホテルでした。サイトからの依頼方法が分からず依頼しませんでしたが、到着時に空港に迎えに来てくれるサービスもあるようでした。また前泊の必要があったら、泊っても良いなと思わせるホテルでした


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »