レストランでの注文 -東京人間模様 Vol.22 –

話は先日、大手ファミリーレストランチェーンの中華料理店(って、こう書くとわかりますね)に行ったときの事です。私が座っていた席の隣に初老のカップルが店員に通されてきました。男性は色眼鏡をかけて少しアウトローな感じの方です。会話の内容までは聞いていませんので二人の関係が、夫婦なのかそれ以外の関係なのかはわかりません。

しばらくすると男性の元だけにビールが運ばれてきます。どうやら男性のほうだけがビールを注文したようです。しかし女性の前には何もないままです。昼間の時間帯ではありましたが、男性はそのビールをチビチビと飲み始めます。20分ほど経った頃でしょうか、男性のビールが残り少なくなってきましたが、まだ彼らのテーブルにはビールのジョッキが一つあるのみです。

ジョッキのビールを飲み終えると、男性が店員を呼ぶボタンを押し紹興酒と料理の注文をします。そして女性のほうも一緒に注文をしています。どうやらこちらの男性、自分がビールを飲み終えるまで女性を待たしていたようです。自分がビールを飲み終えるまで相手を待たせるというのは、私は考えられない行動ですが、彼らの中では日常のことなのかもしれません。世の中、さまざまなカップルがいるものです。

6 responses on レストランでの注文 -東京人間模様 Vol.22 –

  1. いはち より:

    大手で中華のファミレスと言えば桃のマークのお店でしょうか?
    あそこは注文するとすぐに料理が出てくるので、彼がビールを飲むペースに
    彼女が食べるペースが合わないと思ったのか?と私は考えました。
    でも、昼間からファミレスでビールを飲める身分に早くなりたいですね。

    1. ま~く より:

      いはちさん

      はい、桃の印の看板のお店です。
      食事中、会話で盛り上がると言った事もなかった二人ですので、どうなんでしょうね。真相は彼らのみ知ると、言ったところでしょうか。

      ファミレスでの昼飲み、週末はたまにやってしまいます。例の桃マークのお店はグラスの紹興酒が100円ですし・・・

  2. あさと より:

    なんとも・・・・・

    ただこの場合
    男性が女性を待たせたというとり方と
    女性が男性を待ったというとり方があります
    後者の方もきっと現代日本人にはわからない感覚なのでしょう
    でも
    私の親の時代には少なからずあったような気がします
    前者は私でも考えられないです

    1. ま~く より:

      あさとさん

      二人の雰囲気からすると前者のような感じでした。理由は分かりませんが、不思議な光景でした。おっしゃるように後者であれば、親世代の人間だったらと解釈もできますがそこまでの歳ではありませんでしたしね・・・

  3. 餌釣師 より:

    いや~この間の話があったんで、このオッチャンは食事も一人分頼んでこのオバチャン?は何も食べず、オッチャンは食い終わったらそそくさと帰って行った・・・まるで、一緒にいる人には気が付かないように。
    後で他の人に聞いたら、「アウトローなオッサンは一人だったよ」なんて話かと思ったら、違いましたね(笑)

    1. ま~く より:

      餌釣師さん

      さすがにそんな話はいくつもないです。まぁティーンエイジャーの頃はネズミの国で撮った写真に、写ってはいけないものが写って肝を冷やしたなんて経験もありますが・・・


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »