羽田空港国際線 Sakura Lounge -タイ・イサーン疎放録 Vol.02-

旅のスタートとなったのは、羽田空港でした。定時で退社後にいったん自宅に戻り荷物+αをピックアップして羽田空港に向かいます。この日はあいにく雨の降る中での出発となりましたが、雨の中で出国するのは始めての体験かもしれません。

首都高速が思っていた以上に空いていたこともあり、19時過ぎには羽田空港に到着することができました。さっさとチェックインから出国審査までを済ませると、免税店で簡単な買い物をしてSakura Lounge に向かいます。

以前にも書いたように羽田空港の国際線にはSakura Loungeは二つあります。通常のSakura Lounge とエプロンの様子が見えるSakura Lounge Sky Viewです。出国審査場からは少々遠くはなりますが、以前に利用して感じの良かったSky Viewのほうへ向かいます。しかし到着してみるとこんな掲示があります。

てっきりずっと開いていると思っていたラウンジがSky Viewのほうは休んでいる時間帯があるようです。考えてみれば利用者が少ない時間に2つともラウンジを空けておくのは非効率です。しかしここまできてしまった小生としては、出国審査場のほうへ戻り、Sakura Loungeへ入ることになりました。

仕方がないので気を取り直してサクララウンジに入室です。こちらはサクララウンジのダイニングスペースです。手前にあるソファースペースの場所を確保です

まずは泡の出る麦茶で旅の安全祈願です

やはり羽田や成田出発の際のラウンジではこれは欠かせません。お酒を飲んでいるのでほんの少しだけいただきます。

8 responses on 羽田空港国際線 Sakura Lounge -タイ・イサーン疎放録 Vol.02-

  1. いはち より:

    なるほど。空いている時間帯は閉鎖して一ヶ所に集中させるのですね。
    昔新宿にあるディスコのチェーン店で夜中になると客が少ない方の店の客が
    多い方に移動させられる方式を取る事がありましたが、そのことを思い出しました。
    それにしても食べ物はおいしそうですね。機内食がいらないくらいです。

    1. ま~く より:

      いはちさん

      この日は深夜の出発便ですので、機内食で夕食が出ません。ですのでこちらでしっかりと食事をしておく必要がありました。この時間帯のサクララウンジは初めてでしたがラウンジミールの内容はなかなかよかったです

      時間帯で一方のラウンジが閉鎖されているのは想定外でした。きちんと事前に確認しないとだめですね

  2. あさと より:

    このさくらラウンジのダイニングテーブルは食べやすいんですよね
    特にひとり出張族なんかは・・・・・

    カレーは確実にJALのほうがおいしいですよね
    私も6月に関空のさくらラウンジを利用しますが
    カレーは楽しみです
    もちろん私はご飯にかけるのではなく
    サラダにドレッシングとしてかけます(笑)

    1. ま~く より:

      あさとさん

      確かにこちらのダイニングテーブルは一人の場合には利用しやすいですね。まぁ私の場合は一人でもソファー席を確保することが多いですが。

      主に写真を撮るために小さな皿にご飯と盛りましたが、実はカレーだけを皿に盛りパンをつけて食べるという食べ方のほうが、私は多いです。インド料理屋なんかではナンでカレーを食べますがその要領ですね

  3. Dr.鉄路迷 より:

    あら。
    夕方の時間帯なら利用する人が多くいるだろうに。
    カレーはセルフの盛り付けなのですか?
    ANAだと、そばコーナーでオバちゃんがやってくれますが。

    1. ま~く より:

      Dr.鉄路迷さん

      JALのサクララウンジは基本的にすべてセルフサービスになります。成田のファーストクラスラウンジになると夕方の時間帯にバーカウンターにお酒を作ってくれる人が登場しますが・・・

  4. 餌釣師 より:

    あれだけ乗っていて、雨の出国初めてだったとは意外です。
    相当に引きの強い晴れ男だったんですね(笑)

    1. ま~く より:

      餌釣師さん

      国内線の場合は雨の中の搭乗というのも多々あるのですが、国際線の場合は初めての経験だったと思います。意外とはれ男なんですよ(笑)


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »