今回もB767-300 -2010年8月 上海処暑録 Vol.02-

最近は小生の中でもすっかりとお馴染みとなった。BOEING 767-300であるが、今回の出張でもやはり同機材の利用となった。

P1010722

いつものように最終案内ギリギリに飛行機に乗り込むと、隣席には初老の男性が座っていた。小生が席についてしばらくすると、何を思ったのか不意に立ち上がった。その瞬間、ヒラヒラと搭乗券が舞い落ち、飛行機の壁面と床の間の僅かな隙間に吸い込まれて行った。大変だったのはそれからである。

なんでもこの男性、会社の経費精算の際に、搭乗券の半券が必要だとのことで、なんとしても隙間に入った搭乗券が必要だと言うのだ。そのため、CAサンによって整備員が呼ばれ取り出せないかの確認が行われることになったのだ。ほどなくしてやってきた整備士の話では、小生の予想通り床をはがすとなるとおおごとになるので、今の段階では無理だと言う話になった。

結局、GHサンによってこの男性の搭乗券が再発行され、ことなきを得たのであるがこの騒ぎで、ドアクローズの時間が10分遅延することとなったのだ。遅延の要因は思わぬところにも潜んでいるものだ、そう思わせる出来事であった。

B747-400 JAL

最近はめっきりジャンボ機を見る機会が減りました。

JAL 機内食

機内食はハンバーグでした。味の方はなかなかでした。

JAL

上海への飛行経路は、このような ルートとなります。


9 responses on 今回もB767-300 -2010年8月 上海処暑録 Vol.02-

  1. 餌釣師 より:

    日本の航空会社もそんなことやってるから高コストになってしまってるんですよね。
    他国の航空会社ならあり得ない対応だと思います。
    このおっさんだって社内で説明すれば絶対なんとかなるしら、仮にならんとしても自己責任。
    こんな客一人失っても他の客の時間を優先すべきですよね。
    今こんな戯言に耳を貸したらダメなんですよ赤組さんは。

  2. じんふぃ より:

    大切ならしっかりしまっておいてほしいものですね^^;
    来週、急遽チェジュ島に旅行することになりました!
    その目的地が写っていて、ちょっと嬉しかったです(笑)

  3. いはち より:

    なるほどね~
    もし10分の遅れを取り戻すとしたら、いつもよりも
    たくさんの燃料を使わなければならないのは確かですね。
    半券が無いと旅費の精算が出来ないという
    会社の経理もおかしいのでは?
    私ならその場で説教して、会社に電話をかけてあげると
    言っちゃいますよ。

  4. たけさと より:

    会社によっていろんな清算ルールあるのでしょが困ったオヤジですな。
    出張も乗る便も会社は判ってるのだろうから、説明出来ると思いますが‥‥
    私の財布には絶対に経理で清算出来ないレシートがいっぱいあるのですが。。。
    ヤバイので、破いて捨てます(爆)

  5. ま~く より:

    餌釣師さん
    この一人のためにみんなが迷惑したわけですが、
    気がついていたのはCAさんの他は私だけでした。
    まぁこんな人は無視してしまえば良いのにとは思いました。

  6. ま~く より:

    じんふぃさん
    済州島に行かれるのですね。
    私は韓国はソウルにしか行ったことがないです。
    本当にそんなに大事ならしまっておいてほしいものです。

  7. ま~く より:

    いはちさん
    別に搭乗券に金額が書いてあるわけでないのに、精算に必要という
    説明は少々疑問でした。何かの言い訳のようには感じたけれど。
    遅れを取り戻したからなのかはわかりませんが、便はほぼ定刻通り
    に上海に到着しました。

  8. Dr.鉄路迷 より:

    へ~
    そんなことがあるのですね。
    しかし取れないところに搭乗券がジャストミートするとは…
    いままでどういうお客さんの私物を飲み込んできたのかな。
    767のブラックホール[E:smile]

  9. より:

    Dr.鉄路迷さん
    本当に偶然の出来事でしたが、待たされるほうとしては
    迷惑な話でした。まぁ本当に狭い隙間なのでめったに
    何かが入り込むことはないと思いますが・・・


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »