2018年版 世界で最も安全な航空会社

本日は余興的な記事です。ウェブサイトAirlineRatings.comがモニターしている航空会社400以上の航空会社から、2018年の最も安全な航空会社トップ20を発表しました。

その内容は以下の通りです。

航空会社 英名
ニュージーランド航空 Air New Zealand ニュージーランド
アラスカ航空 Alaska Airlines 米国
全日空 All Nippon Airways 日本
ブリティッシュ・エアウェイズ British Airways 英国
キャセイパシフィック航空 Cathay Pacific Airways 香港
エミレーツ航空 Emirates UAE
エティハド航空 Etihad Airways UAE
エバー航空 EVA Air 台湾
フィンランド航空 Finnair フィンランド
ハワイアン航空 Hawaiian Airlines 米国
日本航空 Japan Airlines 日本
KLMオランダ航空 KLM オランダ
ルフトハンザ・ドイツ航空 Lufthansa ドイツ
カンタス航空 Qantas 豪州
ロイヤルヨルダン航空 Royal Jordanian Airlines ヨルダン
スカンジナビア航空 Scandinavian Airline System スウェーデン
シンガポール航空 Singapore Airlines シンガポール
スイス航空 Swiss スイス
ヴァージン・アトランティック航空 Virgin Atlantic 英国
ヴァージン・オーストラリア Virgin Australia. 豪州
ヴァージン・オーストラリア Virgin Australia. 豪州
※アルファベット順

AirlineRatings.comでは、トップ20の会社のみを発表し20社内の数値的なランキングはしていません。昨年のランキングと比較すると、デルタ、ユナイテッド(UA)といった米国の航空会社がランク外となっています。

UAは昨年は大きな事故を起こしていませんが、昨年4月にオーバーブッキングで降機を拒否した男性を無理矢理引きずり出した事案が影響したのかもしれません。一方でデルタは昨年11月にミネアポリス-シカゴ便が乱気流に巻き込まれ、機体のノーズ部分を大きく損傷する事故などが影響したのかもしれません。

今年のランキングではこの二社に代わりカンタス、エミレーツ、ロイヤルヨルダンの3社がランキング入りしています。またこれに合わせてLCCに関しても、安全なLCC10社を選定しています。その結果は以下の通りです。

航空会社 英名
エアリンガス Aer Lingus アイルランド
フライビー Flybe 英国
フロンティア航空 Frontier 米国
香港エクスプレス航空 HK Express 香港
ジェットブルー航空 Jetblue 米国
ジェットスター・オーストラリア Jetstar Australia 豪州
トーマス・クック航空 Thomas Cook 英国
ヴァージン・アメリカ Virgin America 米国
ブエリング航空 Vueling スペイン
ウエストジェット航空 Westjet カナダ
※アルファベット順

LCCということで馴染みのない名前が並びます。欧米の航空会社が多く名前を連ねているのが特徴的でアジアの航空会社は香港エクスプレスのみとなっています。またこれに合わせてあまりありがたくない、ワースト19も発表になっています。

航空会社 英名
ブルーウイング航空 Bluewingairlines スリナム
ブッダ・エア Buddha Air ネパール
ネパール航空 Nepal Airlines ネパール
タラ・エア Tara Air ネパール
トリガナ航空 Trigana Air Service インドネシア
イエティ航空 Yeti Airlines ネパール
スリウィジャヤ航空 Sriwijaya Air インドネシア
ナムエア Nam air インドネシア
PNGエア PNG Air パプアニューギニア
トランス・ヌサ Transnusa インドネシア
アリアナ・アフガン航空 Ariana Afghan Airlines アフガニスタン
ダーロ航空 Daallo Airlines ジプチ
カーム航空 Kam Air アフガニスタン
イラク航空 Iraq airways イラク
インドネシア・エアアジア Indnesia Airasia インドネシア
タイ・エアアジア Thai Airasia タイ
カルスター航空 Kalstar air インドネシア
エクスプレスエア Express air インドネシア
ウィングスエア Wings air インドネシア
※アルファベット順

見事にアジアの航空会社が名を連ねました。なかでもインドネシア、ネパールの航空会社が多くランクインしています。かつて小生が利用したことがあるタイ・エアアジアもランクインしているのは気になります。

こういうランキングは目安とは言え、飛行機の運航は安全に行われることが大前提です。各社にはより高いレベルで安全性を競ってほしいものです。

6 responses on 2018年版 世界で最も安全な航空会社

  1. いはち より:

    うへ。2年後に乗る予定のネパール航空が3位に入っていますね。
    あくまでも予定ですが、この2年で何とか挽回してほしいです。
    でもあの空港の形状では仕方がない事でしょうかね。
    あれ?アナってこの前何かやらかしませんでしたっけ?

    1. ま~く より:

      いはちさん

      ネパールに行く予定があるのですね。ネパールの航空会社はすべてが安全性の懸念があるとしてEUでは乗り入れ禁止となっています。旅の際には充分、お気を付けください

      ANAも細かいインシデントはちょこちょこ起こしていますね。先日もLAから
      搭乗客リストにない人物を乗せて離陸し、途中で引き返すなんてこともありました。ただ飛行機がクラッシュするような事故は起こしていないということのようです。

  2. あさと より:

    本当に何を持ってのランキングか不明なのが気になりますね
    私のイメージではカンタスはトップにいるのですが・・・・
    多分死傷者吸うとなんかの割合でしょうね

    1. ま~く より:

      あさとさん

      編集長のコメントでは、○○年クラッシュを起こしていないなどのコメントがありますので、そういう重大事故があるかどうかがランキングのポイントかもしれません。
      このランキングではトップ20を公表していますが、20社内のオーダーは発表していませんので、表の並び順もA-Zです。そういう意味ではカンタスは同率1位ということですね。映画『レインマン』でもカンタスの事故のなさは取り上げられていましたね

  3. Dr.鉄路迷 より:

    とりあえず、ワーストの方に出ている会社は使う予定はありませんなあ。
    でも興味がある機種が使用されていたら迷わず乗っちゃいます。

    1. ま~く より:

      Dr.鉄路迷さん

      そっちの方の航空会社に乗る機会がないのに越したことはありませんね。でもこちらのリストもアフリカ勢がいないのは少し意外でした


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »