タクシー事故 -2010年10月 上海兎走録 Vol.04-

磁浮交通科学館を出たあとに地下鉄を乗り継いで向かったのは、今回の宿泊先の最寄駅となる、上海火車駅である。事前の地図による確認では、ここから1km少しの距離がありそうだったので、タクシーを利用する事にしていた。

予定通り上海火車駅の地下にある、タクシー乗り場で火野正平似の運転手が運転するタクシーに乗車する。そこまでは予定通りであった。しかし小生を乗せたタクシーが地上に出たところで、アクシデントが起きた。地上の道路を走ってきた車と接触事故を起こしたのだ。状況からすると明らかに正平の前方不注意である。

Imgp0075

見ると相手は同じタクシー会社のタクシーで、先方のタクシーにも乗客が乗車していた。軽い接触事故で双方に怪我人がなかったのは、幸いであった。しかし参ったのは、ここで正平が逆切れして相手の運転手を罵りだしたのだ。場所は駅の目の前で、交通の妨げになる事は必至である。しかし5分もしないうちに、公安が飛んできて邪魔だから移動するように指示を出す。

二人の運転手も公安の言う事には素直に従い、現場から少し離れたところにタクシーを移動させた。ところが二人はそこで第二ラウンドを始めたのだ。会社に携帯で話をしながら、罵り合うそんな状況が続くのだ。

最初は同じ会社なのだから、すぐに方付くだろうと思って眺めていたのだが20分ほど経っても、一向に解決する気配がない。先方のタクシーの乗客は大人しく、タクシーの中に座っていたが、小生がいい加減に痺れを切らして、「時間がないから早くしろ」と言うとようやく二人はそれぞれの業務に戻る事になった。

気を取り直して改めて正平が、小生が乗車時に手渡した地図を見ると目の前の建物を指さして、そこだと言いだした。見るとそこには確かに、宿泊を予定しているホテルの建物がそびえていた。結果的に、目的地の目の前で、20分以上も無駄な時間を過ごす事になったのであった。

上海・タクシー事故

揉める運転手達。後でこの場所がホテルの前と気付きます。


12 responses on タクシー事故 -2010年10月 上海兎走録 Vol.04-

  1. 餌釣師 より:

    はいはい、同じ会社だろうがダメなんですね~
    彼らは、暖簾を借りているだけで、車は自前ですから、修理代も自腹になるんです。
    だから相手に責任を押し付けようと必死なんです(笑)
    これ、暖簾貸してるタクシー会社に通報してあげるといいえですよ、「客をほったらかして喧嘩してる」って。
    クレームが閾値超えると、乗車禁止の処分になりますから。

  2. くぅねる より:

    あらら、到着するなり災難でしたね。
    怪我が無くて何よりでした。
    しかし、目の前が目的地だったとは。コントのような展開です(笑)。

  3. ネズちゃん より:

    正平、意外と負けん気強いですね~。
    でも、目の前に着いてるならそう言ってくれよ[E:annoy]って思っちゃいますね。
    日本のタクシーみたいに、乗ってる間メーターが上がっていくシステムじゃないんでしょうか?

  4. Dr.鉄路迷 より:

    なんかね、色と形が同じでも、グループが同じで会社は別の場合があるみたいですよ。フランチャイズみたいなかんじで。
    中国では公共交通、プロの運転による事故が多いですね。
    路線バスの事故も多いし。私は海南島で乗っている路線バスが追突しましたよ。
    中国ではプロの運転が上手なのではなく、それを避ける一般運転者が上手なのですな。

  5. ま~く より:

    餌釣師さん
    タクシー会社の仕組みまでは知りませんでした。
    まぁ中国らしい仕組みと言えば、そんな気もしますね
    道理で必死なわけです。私もまだまだですね(笑)

  6. ま~く より:

    くぅねるさん
    本当に到着するなり、これでしたから今回の旅はどうなるの
    だろうと思ってしまいました。
    それにしても何のために待っていたのだかと言う感じですね。

  7. ま~く より:

    ネズちゃん
    逆に日本の場合は分らないのですが、上海のタクシーでは
    メーターに一時停止ボタンがあるのです。この時もきちんと
    一時停止ボタンを押していました。
    そういえば以前に目的地の途中でメーターを一時停止にして
    我々を車に残して、トイレに行った行った運転手がいましたよ(笑)

  8. ま~く より:

    Dr.鉄路迷さん
    私も今まで何度も中国で交通事故を目撃していますが、自分が
    乗っている車が遭遇したのは初めてでした。
    まぁあの交通事情では、何時事故があってもおかしくないですが。

  9. いはち より:

    私もツアーのバスが事故りました。瀋陽で。
    やはり10分くらい言い合って、それではい、さよなら。
    これでいいの?とガイドに聞いたら。いいの。だって。
    そんなものでしょうかね。

  10. ま~く より:

    いはち さん
    私の場合も、結局どういう結末になったのかはわかっいません
    文句を言ったら、すぐに終わりましたもので・・・

  11. あさと より:

    その一時停止ボタン
    なんか悪用されそうですね
    お客と結託して停めてる間に走った距離を
    少し安めに客に請求して懐に入れるとか…(爆)

  12. ま~く より:

    あさと さん
    なるほど、そう言った使い方も可能かもしれませんね
    でもそういうことには、まだ会ったことがないです。
    今度、運転手の目を盗んで勝手に押してみましょう(笑)


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »