台北市内へ -台北秋雨録 vol.04-

桃園国際空港から台北中心部までのアクセスには、いくつか手段がある。しかし今回は忙しかった事もあり、考えるのが面倒であったのでピックアップサービスを利する事にした。台湾に行く3日前にインターネットで、ホテル名を指定して予約を済ませていた 。

Imgp0311

小生を乗せた車は渋滞に巻き込まれる事もなく、順調に台北市内のホテルへと到着した。チェックインをフロントでパスポートを提示し、チェックインしたい伝えた。係の女性はしばらくパソコンの画面とパスポートを見比べていた。そして意外な言葉を発する事となった。曰く

「あなたの予約は入っていません」

どこかの空港で似たようなセリフを聞いたが、慌てて事前に予約をした際の、確認書類を係の見せると彼女はその紙を見て力なく首を振って続けた。

「それは違うホテルです」

彼女の指摘に従って確認すると、小生が到着したのは

「神旺大酒店」
であった。しかし小生が手にしていた紙に書かれていたのは
「神旺商務酒店」

と、いう名前であった。そこで慌てて本来のホテルへタクシーで向かう事になった。

taiwan TPE airport

こちらから迎えの車に乗り込みます。しかし着いた先は・・・


10 responses on 台北市内へ -台北秋雨録 vol.04-

  1. Dr.鉄路迷 より:

    先のホテルはいいけれど、あとからのホテルは単なるビジネスホテルではないですか?落差が激しそう[E:#xEAC6]

  2. 餌釣師 より:

    私も以前ハワイで同じようなことしましたよ。
    予約したのは”Hawaiian MONARCH”でもってたどり着いたのは”Pacific MONARCH”(笑)
    勘違いだと気付いたときにはむしろ安心したくらいです。

  3. いはち より:

    おお 名前からしてチープそうな名前ですが・・(失礼)
    私もありますよ。
    グランドホテルとグランド・インを間違えて
    ずいぶん良いホテルだな~と思いながらチェックイン
    カウンターに行ったら・・・・・・
    あなたの予約はインの方です。って言われて
    地図までくれて。たぶん間違える人が多かったのでしょう。

  4. Dr.鉄路迷 より:

    あ。
    皆さんあるんですね。
    実は私にも・・・。
    建国門飯店に行きたかったのにタクシーは建国飯店に着きました。
    建国飯店で値段を聞いて髪の毛が逆立ち、ホテルを出ました。
    建国門飯店と建国飯店では値段が5倍以上違います。

  5. ま~く より:

    Dr.鉄路迷さん
    名前からすると単なるビジネスホテルですよね。
    でも台湾通の人の評判もよかったので泊ってみることにしました。

  6. ま~く より:

    餌釣師さん
    ホテル違いの経験おありでしたか。
    意外と似た名前のホテルってあるものなのですね。

  7. ま~く より:

    いはちさん
    はい、私の時もそのようでした。
    本来のホテルに向かう時にタクシー乗り場の係りに
    ここに行くと言って紙を見せたら、なるほどって顔をしていましたから。

  8. ま~く より:

    Dr.鉄路迷さん
    5倍とは全く違いますから大変ですね。
    一文字違いとは紛らわしいです。

  9. あさと より:

    今台湾では
    商務と言う冠がつくホテルが多くなってきています
    日本で言う所のビジネスホテルとは言い方が同じですが
    ちょっと違う感じです
    同じ固有名詞の下に商務が入ってたり入ってないというホテルは
    他にもあるんです・・・

  10. ま~く より:

    あさとさん
    その辺の事情は大陸も同じようですね。
    今回は良い経験になりましたが、こういうハプニングも
    旅の思い出の一つになりますね。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »