WordPress Editorial Calendarの並び順不具合解決

このブログはWordpressと言うフリーのCMSを使って運営しています。Wordpressはプラグインと言う拡張機能をインストールすることで様々な機能を追加できます。なかでも小生が重宝して使っているのが、「WordPress Editorial Calendar」と言うプラグインです。

一般的なブログシステムの記事一覧ページは日付順に一覧にしているだけで、曜日や記事間でどのくらいの日数が開いているのかが分かりにくいです。しかしこの「WordPress Editorial Calendar」はカレンダ上に記事のタイトルを表示してくれるので、いつどの記事が投稿された(する予定なのか)が視覚的にわかるので便利です。

しかしこのプラグインには1年ほど前からある問題が発生していました、それは日本語環境で使うと、カレンダーが右から左に表示されるのです。週の始まりを月曜日と設定していると、一番右が月曜日、二番目に火曜日と言うように表示されるのです。Googleで検索してみると同様の事象に悩んでいる人は多いようですが、解決には至っていないようです。

そこでWordpressのフォーラムでプラグインの作者にコンタクトを取ります。実際のやり取りは小生の拙い英語でしたが、以下は超訳版です

    日本語環境で使うと月曜日が一番右に表示されるので使いにくいんだけれど

すると数時間で作者から返信が返ってきます。

    このプラグインはねWordpressの設定の「週の始まり」に指定している曜日を週の先頭にするように作っているんだよ

そんなに素早く返信が返ってくるとは思わなかった事もあり、細かい事象を書かなかったので、うまく伝わらなかったようで、的外れな答えが返ってきました。そこで今度は詳細に返信します。

    ちょっと勘違いしているみたいだけど、そういうことじゃないんだ。日本語環境だと週の先頭が一番右に表示されて右から二番目に次の日が表示されるのね。その結果以下のように表示されるわけよ
    [日曜日][土曜日][金曜日][木曜日][水曜日][火曜日][月曜日]

作者とは時差の問題もあるのでしょう。その日のやり取りはそこで終わりました。しかし翌朝メールをチェックしてみると、再び作者から返信がありました。

    ごめんごめん、勘違いしていたよ。あんたの言う通りだ。日本語環境のカレンダ設定に誤りがありヘブライ語と同じ扱いになってたんだ。だから問題を修正して新しいバージョンをリリースしたよ。バグ指摘ありがとうね!

そこで新しいいバージョンにアップデートしてみると、きちんと日本語環境でもカレンダが左から右に表示されるように治っていました。

久しぶりに英語でのバグ指摘となりましたが、こんなに早く治してくれるならもっと早く指摘すればよかったと思うこととなりました

2 responses on WordPress Editorial Calendarの並び順不具合解決

  1. あさと より:

    最初の答えはさもありなん
    この世界では特に
    またアメリカでは特に
    「自分は正しい」しか受け入れない考えの人が多いですからね
    会社の方針より
    担当した人間性の問題でしょう
    でも2通目が来たということは
    まともだと判断できるのかもしれません

    1. ま~く より:

      あさとさん

      WordPressのプラグインを作成しているのは企業ではなく、個人のプログラマが趣味で行っている場合が多いのです。ですので最初はきちんとコミュニケーションが成立して修正版がリリースされるなんて、まったく思いませんでしたので愚痴的な内容を簡単に書いただけでした。
      今回は作者がきちんとした人だったようで、具体的な内容をきちんと説明すれば理解してくれ、かつ素早く対応してくれたのは幸いでした。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »