2018年下半期のタイの休日

2018年下半期のタイの休日

日本では来年に予定されている天皇陛下の譲位に伴い祝祭日も変更となるようですが、2016年のラーマ9世の崩御に伴いタイでも祝祭日の変更がされています。

上半期については祝祭日の変更はありませんので、下半期のみ2018年の祝祭日を掲載します。

記念日 備考
7月 27日(金) アサラハブーチャ(三宝節) 酒類販売禁止
28日(土) ワチラロンコン国王陛下誕生日
カオパンサー(入安居) 酒類販売禁止
8月 12日(日) シリキット王母誕生日
13日(月) シリキット王母振替休日
10月 13日(土) ラーマ9世記念日
23日(火) チュラローンコーン大王記念日
12月 5日(水) ラーマ9世生誕日
10日(月) 憲法記念日
31日(月) 大晦日

ラーマ9世の誕生日については、そのまま祝日として残ったようです。加えてラーマ9世の命日が祝日として加えられています。またシリキット前王妃の誕生日もそのまま祝日として残されています。

ワチラロンコン国王の誕生日が祭日に追加されたようです。ただ今年については旧暦の8月16日とされているカオパンサーの祝日と同日になったようで、来年はそれぞれ別な日が祝日になると思われます。

なお仏教国のタイですので仏教関係の祭日も多いですが、そういった日は酒類の販売が禁止となります。現地に行かれる方は、ご留意ください

6 responses on 2018年下半期のタイの休日

  1. いはち より:

    酒類が販売禁止・・ですか。
    この日は飲酒が禁止ということでしょうか?家飲みはOKなのでしょうか?

    1. ま~く より:

      いはち さん

      本来の趣旨としては仏教の大事な行事の日なので、酒を飲まずに静かに過ごしなさいということなんだと思います。ただ自宅やホテルといった閉鎖空間で飲むのは個人の自由ですし、飲食店なんかも店によっては酒類の提供はあると思われます

  2. 鉄路迷 より:

    母の日は休日のままですね。
    良かったです。
    SLの運行を確認してまた行かなければ・・・。

    1. ま~く より:

      Dr.鉄路迷 さん

      母の日はそのまま休日になっています。現国王は現在は独身ですし、過去の経緯からしても王妃の記念日が新たに制定されることは当分ないと思われます。
      SLの運行はスケジュールの再確認が必要そうですね

  3. あさと より:

    プミポン大王の命日以外はほぼ私の想像した結果になったようです
    私の訪タイのパターンで見ると
    毎年のように遭遇するシリキット王母の誕生日以外に
    10月の命日が関係してきそうです

    1. ま~く より:

      あさと さん

      前国王の命日が祭日となったのは私も予想外でした。て王母の誕生日はあと数年したらどのようになるでしょうね。体調がすぐれないようですし、ラーマ9世の葬儀にも出席されていませんでしたしね。もともと日本よりは祭日は少ないとはいえ今回の措置で2日も祭日が増えましたしね


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »