宿に到着 -2015年09月 伊東温泉記 Vol.4-

小生が温泉地に泊まる場合、宿の選択にあたっては「大きすぎず、小さすぎず」という事をポイントとして考えている。ハコが大きすぎれば客一人ひとりに対する対応が雑になるし、小さすぎると大きな湯船に漬かってという事が出来なくなる場合がある。

そんな条件を元に選んだのが、伊東にある総客室数46室の宿であった。「訳ありの部屋」という条件が付いていたものの、直前の予約にも関わらず1泊2食付きでなかなかお手軽な値段で予約することができた。

IMG2015092300[1]

チェックインを済ませ部屋に案内されると、そこは十畳の和室に板の間があるという、実質的には十四畳ほどの部屋であった。窓際にある板の間には取って付けたような洗面所があるのに少し違和感を感じたものの、部屋自体は悪くないように思えた。

さて「訳あり」の内容であるが、「予約の際のサイトの情報では窓から海が見えないため」となっていたが、こちらは部屋の正面ではないものの海を見ることは全くできないという事はなかった。部屋を案内してくれた仲居さんによれば部屋にトイレがないためお安くしているという話であった。

しかしよくよく部屋の構造を見てみるとあることに気付く。どうやらこの部屋はもともとは仲居さんが当直で使う部屋であったようである。板の間となっている場所にはトイレがあったようだ。仲居さんの部屋を客室に転用するにあたり、トイレを撤去し窓を設えたという事のようである。

そのためトイレに行くにはわざわざ部屋の外に出る必要があるが、部屋自体の居心地は悪いものではなく快適に過ごすことができた。

IMG2015092310[1]

今回の宿はこちらになります。

IMG2015092315[1]

冒頭の写真は本館の入り口。宿泊するのは別館で入り口はこんな感じ。

IMG2015092320[1]

よく見るとカメさんがお出迎えです。

IMG20150923130[1]

お部屋はまずまずのものでした。

IMG20150923131[1]

広さも申し分なしです。

IMG20150923132[1]

やはりこの洗面所は少し違和感がありますね


8 responses on 宿に到着 -2015年09月 伊東温泉記 Vol.4-

  1. 餌釣師 より:

    どんな「わけあり」かと思いきや、私も全然OKです。
    まぁ同じ「わけあり」でも、見なれないお札が目立たぬところにこっそり貼ってあるといったお部屋でなければ問題ないですよね(笑)

  2. いはち より:

    わけあり?は、そんな理由だったのですね。
    私も全然大丈夫ですよ。
    シドニーで全く窓のない部屋に泊まった事が
    ありますから。
    そう言えば伊東も30年近く行っていないですね。
    潰れちゃったホテルもあるのでしょうね。

  3. あさと より:

    きれいに改装してるので何の問題もないお部屋ですね
    おっしゃる洗面台は
    どうしても元●●●の後なので
    水回りを持って来なければならなかったということでしょうか
    やはり和室は部屋が広々と感じてくつろげそうです

  4. 鉄路迷 より:

    ちょっと古めの和室だと窓際に洗面台がある場合が多いので、これならばOKですよ。
    しかも綺麗に扱われているようで。
    縁側と畳敷きとの間に障子が無いほうに違和感を感じます。

  5. ま~く より:

    餌釣師さん
    > なれないお札が目立たぬところにこっそり貼ってある
    もう、20年以上前ですが、そういう部屋に泊まったことがあります
    その日の夜は金縛りにあって、、、大変でした

  6. ま~く より:

    いはちさん
    伊東に泊まったのは私は初めての経験でした。
    どうしてもお隣の熱海に比べると伊東の方は地味ですからね。
    経営がうまくいかなくなったホテルもあるのではないでしょうか

  7. ま~く より:

    あさとさん
    撤去した施設の分、部屋が広くなっていますので
    ゆっくりとくつろぐことができました。
    「訳あり」という事でしたが、なんの問題もなく過ごせました

  8. ま~く より:

    Dr.鉄路迷さん
    部屋は綺麗でしたので、「訳あり」と言われてもそんなに違和感はありませんでした。
    まぁトイレに行くのにいちいち部屋の外に行かないといけないのが
    面倒だっやくらいです


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »