松山城ロープウェイ -2014年09月 伊予銀天游 Vol.05-

大街道で路面電車を降りた小生は、ロープウェイの乗り場を探すこととなった。次の目的地は松山城としていた。松山城は小高い丘の上にあるため、そこへはロープウェイが通じている。

松山城ロープウェイは、松山城への観光ルートを担う愛媛県松山市が所有であるが、現在では伊予鉄道が指定管理者制度に基づいて運行を行っている。開業は1955年(昭和30年)で、現在の運行で利用されているゴンドラは4代目で昨年から導入されているものである。

ロープウェイの往復と松山城天守閣の入場料がセットになったチケットが、1,080円で売られていた。通常はこのチケットを購入し観光するのが一般的である。しかし、なぜか横須賀のご当地グルメのスカレーを使用した鍋焼きうどんがセットになったチケットが1,300円で売られていた。計算上は280円でうどんが食べられる計算である。松山空港到着時から軽い空腹を覚えていたこともあり、こちらのチケットを購入することにした。

ロープウェイの乗り場に行ってみると、同じチケットでロープウェイとリフトのどちらを利用してもよいとのことであったが、いくつか荷物を持っていたこともありロープウェイの利用をすることにした。乗車時間は数分であったが、車窓を楽しむことは十分にできるものであった。

松山城ロープウェイ

チケット売り場で目に留まったのはこちらの看板。小腹も空いていたのでこちらのチケットを買います。

松山城ロープウェイ

チケットはこんな感じ。往復のロープウェイと天守閣の入場、うどんがセットです。

松山城ロープウェイ

ロープウェイのチケットでこちらのリフトも利用できるのですが少々荷物もあったのでパス。

松山城ロープウェイ

乗り込んだのはこちらです。

松山城ロープウェイ

ロープウェイを降りて少し行ったところでうどんをいただきます。
まぁなんてことない味です。


8 responses on 松山城ロープウェイ -2014年09月 伊予銀天游 Vol.05-

  1. 鉄路迷 より:

    ほんとなんてことないうどんですね~。
    せっかく愛媛なんだから、
    みかんご飯とかのセットなら魅力あるのになあ。

  2. いはち より:

    私はここのリフトしか利用した事がありません。
    タクシーの呼び込みは無かったでしょうか?
    けっこう良い値段です。
    でも、なんで横須賀なのでしょうかね。
    って、考えると秋山真之が海軍にいたので
    それで横須賀なのでしょうかね。

  3. あさと より:

    私はロープウェイでしょうねえ
    もしかするとリフトは近寄れないかも(笑)
    本当に横須賀と何かあるのでしょうか
    姉妹都市とか・・・
    横須賀カレーも鰹節とで
    味が変わってしまうのでは

  4. 餌釣師 より:

    スカレーって何だか探しちゃいました(笑)
    要はカレー味の鍋焼きうどんなんですかね?
    まぁ確かに買うならこちらのセットですよね。

  5. ま~く より:

    Dr.鉄路迷さん
    初めて四国で食べるうどんということで少しだけ期待しましたが
    味・量ともにあまり特徴はありませんでした。じゃこ天が入って
    いるのが唯一松山らしいところでしょうか

  6. ま~く より:

    いはちさん
    カメラなどの荷物がなかったらリフトに乗ったかもしれませんが
    床がない乗り物に乗って荷物を落とすといやなのでロープウェイを
    選択しました。
    平日だからかタクシーの呼び込みは私が行ったときはいませんでした
    後で調べたら横須賀市と松山市は「松山市・横須賀市集客パートナー都市協定」
    というのを締結しているらしいです

  7. ま~く より:

    あさとさん
    あさとさんの場合は、間違いなくそちらを選択しますよね(^^)
    松山市と横須賀市の関係は、いはちさんへのコメントに書いた通りです。
    カレーうどんという割にはカレーの味は薄いうどんでした

  8. ま~く より:

    餌釣師さん
    はい、カレー味の鍋焼きうどんです
    特筆するほどおいしくはなかったですし量も少なめでしたが
    値段を考えるとほどほどといったところでしょうか


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »