NOK AIR Calendar 2013

先日、Facebookを見ていて気になった書込みがあった。それがタイのLCCであるNOK AIRの2013年カレンダーである。(→FaceBookのページ)

Fb

Facebookの記載はタイ語のみなので小生には詳しい事はわからないが、簡単なクイズに答えて応募すると抽選で同社のカレンダーが当たると言うキャンペーンらしい。気になるカレンダーの内容はと言うと、NOK AIR の飛行機の前でセクシーな衣装をつけたモデルさんの写真が写っているようだ。

2009年に経営破綻したスペインのエア・コメットのCAが給与の未払い問題に抗議してヌードのカレンダーを作成して話題になった事があるが、航空会社がオフィシャルのカレンダーとしてお色気系のカレンダーは珍しいように思う。

残念ながら応募には当然ながらタイ国内の受取先の住所が必要なようで、小生が応募する事はできないが、なんとか入手できないかというネットを検索してみたりもするのであった。

(※注)
カレンダーに出ているのはモデルさんで実際のCAさんではありません。またNOK AIR のCAさんの制服も実際とは異なります。

6 responses on NOK AIR Calendar 2013

  1. いはち より:

    私個人的な意見ですが
    飛行機やCAさんは好きなんですが、この様な形で
    カレンダーとして航空会社が取り扱うのはどうも苦手で・・
    でも、お国柄というのでしょうかね。
    こんなスタイルのお姉ちゃんは好きですが。

  2. あさと より:

    企業のイメージや姿勢と言うのが現れる・・・
    そういう事を気にする民族の代表が日本だと思います
    特に私やいはちさんの世代以上はその思いが強いです
    ANAの選択できない常時放映の機内ビジョンで
    一般人にトリックを仕掛けてそのリアクションを笑う番組とか
    クイズヘキサゴンを放映していた時には
    真剣に抗議しました
    まあそれとこれは別問題だとは思いますが
    タイは何でもありで
    なんでも許容する国です(オネエのこともそうです)
    その意識がいろんな周りの民族や欧州の植民地政策をすり抜けて
    東南アジアで唯一?植民地にならなかった理由かもしれません

  3. 餌釣師 より:

    私も世代的には変わらないのですが新入社員研修のとき、「提案書の書き方」なんていう単元があって、講師の先生に「解りやすい事が大事」と言われ、漫画を交えた提案書を書いて呆れられた事を思い出しました(笑)
    当時は結構真面目に考えたつもりだったんですが、今思うととっても恥ずかしいです。
    でも、タイなら人によっては許容してくれるかもしれませんね。

  4. ま~く より:

    いはちさん
    タイというお国柄+LCCと言う事でこういう発想が生まれて
    きたんでしょうね。バイクの雑誌に水着のオネ~ちゃんが
    バイクにまたがっている写真が良く掲載されているのと同じ
    発想なんではないかと推察します。
    まぁ日本の航空会社はお固いですからこうい発想は出てこないでしょうね

  5. ま~く より:

    あさとさん
    日本のバラエティ番組ってどうして、誰かをいじってその
    リアクションを笑うという番組ばかりになってしまったのでしょう。
    そういう番組の影響がいじめにつながっているように思います。
    利用者の選択のできない状態でそのような番組が流れていたら
    確かに不快な思いになりますね。
    おっしゃるように東南アジアで唯一植民地支配をうけなかった
    のにはそれなりの背景があるのかもしれませんね

  6. ま~く より:

    餌釣師さん
    漫画を交えた提案書、我々の業界では無理そうですが業界に
    よってはそういうものもありかもしれないと逆に思ってしまいました。
    Apple のJobs が登場して以来プレゼンの手法も大きく変わったと思います。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »