礼品

久しぶりの本シリーズであるが、本日は小姐へのプレゼントについてである。
先日、TVを見ていたら日本在住の外国人を集めて、その価値観の違いを討論するという番組が放送されていた。テーマは「彼女へのプレゼントにサプライズは必要か?」。その番組を見ていて、中国人女性の発言に思わず噴き出してしまう事となった。曰く

 私は自分が欲しいものしかいらないのでサプライズはいらない
 レゼントは一緒に買いに行きます。

小姐たちにとってサプライズのような演出は、ないよりはあった方が良いかもしれないが、それより重要なのは自分が欲しいものをプレゼントしてもらえるかである。小生も以前にカメラが欲しいという小姐に話していたのとは別な機種を日本で買って行ったら、しばらく「あれば私が選んだものじゃないね」なんて事を言われ続けたなんて経験がある。(それでもしっかり受取るんだが・・・)

また日本人なら綺麗にラッピングされたものをプレゼントとして渡す、と言う事も通常であると思う。プレゼントを渡された側も、その場で開いて中を確認した後に、ラッピングを元通りにして自宅に持ち帰るなんて人も多いと思う。

ところが小姐の場合は、開けたその場で包装紙はごみ箱行き、商品のパッケージもまたごみ箱へ放り込み、中身だけを持ち帰るなんてこともある。その事を指摘すると

 どうせ捨てるね。だから何処で捨てても同じね

なんてセリフが返ってくる。まぁ最近ではそんな事にも慣れたので、きちんと対策を講じるようにはしている小生であった。


12 responses on 礼品

  1. 餌釣師 より:

    でも、
    ”どうせ使っているうちに古くなるんだから中古品でいいでしょ”
    と使わなくなったLVの財布をあげたら
    「ボロい!」「汚い」と散々文句言われました。
    しかし
    >(それでもしっかり受取るんだが・・・)
    という運びになりました(笑)
    まぁ確かに奴らにラッピングは不要です。
    私もラッピングなんて余計な時間がかかるのでヨドバシとかビックカメラの袋に入れたまんまで渡します。
    サプライズは不要というのは的を得ていますよね。
    プレゼントは相手が喜ばなければ意味がないわけで、一生懸命選んでも、気に入らないものなら金の無駄なわけで、ここに関しては私も賛成です。

  2. ネズちゃん より:

    やっぱり日本人の感覚とはかなり違いますね[E:coldsweats02]
    日本では『旦那がさ~、こっそり誕生日プレゼント
    用意してあって~』なんて話を聞くと、全員
    『素敵な旦那さんだね~』って言いますからねぇ。
    包装紙だってお店の包装が気に入らないと、自分で
    包装し直したりしますしね。

  3. Dr.鉄路迷 より:

    下着を買ってもレジ袋にも入れてくれずにそのままお持ち帰りの国ですからね、ラッピングは要らないんでしょうね。
    中身こそ大事。
    でもこの人種にとっては、中身が重要なのは品物であって、人間は外観重視なんですけどなあ。

  4. いはち より:

    まあ、私も四半世紀ほど前にその様な経験をしておりましたな。
    次に来るときはCDウオークマンが良い。とかリクエストして来るんですよ。
    誰も持っていないモノを持つのがステータスだったのか、一緒にいるときも常に音楽を聴いていましたが~
    私もその国では、絶対に買った品物をその場で受け取る
    主義です。
    話がずれてしまいましたね。
    プレゼントはやはり中身が大事でしょうね。

  5. ま~く より:

    餌釣師さん
    どうやら同じような経験がおありのようで(笑)
    ラッピングの件は最初は知らなかったので少し驚きましたが
    以降は私も買ったお店の袋に入ったままの状態で渡しています。
    もちろんそれで文句を言われる事はありませんしね。
    相手が気に入るものを買うとなるとここがまた厄介な問題でして
    それを実現しようとなると、南京路界隈へ連行される事になります(笑)

  6. ま~く より:

    ネズちゃん
    日本人的な感覚ですと、おっしゃる通りですね。
    件のTV番組でも、サプライズが必要と主張する人(国)が殆ど
    でしたが不要とする人は中国人くらいでした。
    日本人にプレゼントしたりする時は私も自身でラッピングしたりはしますよ

  7. ま~く より:

    Dr.鉄路迷さん
    私が生まれて初めて行った外国は中国でしたが、買い物をしても
    袋にも入れてくれないのはとても驚いた記憶があります。
    現在ではカルフールやコンビニなどでは有料ですが、レジ袋が用意されて
    います。

  8. ま~く より:

    いはちさん
    その当時ですとCDウォークマンもあちらでは貴重な時代でしたね。
    今と違って日中の国力の差も大きかったですし。
    他の人が持っていないものを手にすると彼らは周囲の人に
    それを見せびらかすのです。そうすることが彼らのステータスなんです

  9. あさと より:

    数少ない経験では
    台湾人の場合やはり大陸の小姐に似てるかもしれません
    そこまであっさりとしてはいませんが・・・
    そう言えば
    15年くらい前までは
    台湾やバンコクでは
    日本人である私と一緒に彼女の友達と会う・・・というのが
    彼女のステイタスをくすぐる1番のアイテムだったようです(爆)

  10. ま~く より:

    あさとさん
    原住民を除く台湾人は民族的には中国と同じですから
    気質が似ているのは当然かもしれませんね。
    ただ気候風土の影響もあってか、大陸人よりはのんびりして
    いる人が多いように思います。
    日本人といる事がステータスとは、、、
    日本人にとっては楽ですね(笑)

  11. あさと より:

    ↑↑
    いえいえとんでもない
    楽なことなんてありませんよ
    彼女の友達の分まで
    お土産も含めてすべて私が支払わされます
    最後は家に帰るお金までも・・・・・
    ただし
    私の財布の中身はちゃんとチェックしていますので
    絶対にそれを超える出費はさせようとはしませんでしたが
    台湾人は悪意なく他人の財布の中を見る習慣もあるようでした

  12. ま~く より:

    あさとさん
    あぁ、そういう展開でしたか。
    そういう事でしたら、納得です(笑)
    財布の中身をチェックなんてことは、私もありますよ
    時には財布貸してと言われて勝手に支払われますが(爆)


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »