A300-600R

昨日は日曜日の話を記事にしたので、少々ややこしいかもしれないが話は、その前日の土曜日のこととなる。

B747-400が退役した際も退役直前に上海に行く際に利用したように、思い入れのある機材が退役する際には、自分なりのお別れフライトをしてきた。先週の土曜日は、本来であればすでに退役しているはずであった、A300-600R機のお別れフライトを行ってきた。A300-600Rが投入されていたのは、朝一番の伊丹行きのJL101便であった。

JL101便 HND-ITM A300-600R

久しぶりの羽田からの国内線利用であったが、サクララウンジの利用にあたっては戸惑うことしきりであった。セキュリティゲートを通過して、サクララウンジのある場所に行くと、なん閉鎖しましたとの表示とともに新しいラウンジの案内があった。案内によると、これまでダイアモンドプレミア・ラウンジンの出口があった所が新しいサクラアラウンジの入口になったのである。また入室方法も、これまでは搭乗券を入口の係員に見せるだけであったが、読取り機で搭乗券をスキャンする方法に変わっていた。

新しくなったサクララウンジはスペースが広くなり、快適に過ごせるようになったよう感じた。しかし一方で、窓の設置位置がこれまでよりも高くなったように感じた。このことはラウンジ自体が一つ高い階に移動したことと、相まってラウンジから飛行機の写真を撮るのは、ちょっと撮りにくくなった印象を受けた。

一方でフライトの方はというと、小生が確保していたのは30Aという非常口座席でだった。当然、離着陸時にはCAさんと向かい合わせ座ることになる。小生の向かいに座ったCAさんの話によると、JAS出身の方でA300-600Rの乗務をずっと担当されていたとのことあった。そんなCAさんと、A300-600Rの思い出話をするのはなかなか楽しいものであった。

【2011年4月9日の搭乗】
 JL101便 羽田-伊丹 A300-600R 普通席

JL101便 HND-ITM A300-600R

空港に到着したのは6時前。空港はまだ閑散としています。

JL101便 HND-ITM A300-600R

以前のサクララウンジには新ラウンジの案内の看板があります。

JL101便 HND-ITM A300-600R

ラウンジの雰囲気はこんな感じです。

JL101便 HND-ITM A300-600R

場所を変えてもう一枚。結構広いラウンジになりました。

JL101便 HND-ITM A300-600R

さてフライトです。翼の先にはウイングチップが確認できます。B社の飛行機ですと、もっと大きくてウイングレットという名前になるのですが

JL101便 HND-ITM A300-600R

機内は早朝便にも関わらずほぼ満席です。

JL101便 HND-ITM A300-600R

伊丹で降機後にも撮影してみました。


10 responses on A300-600R

  1. ネズちゃん より:

    エアバス機が覚えやすかったのは、この
    ウィングチップのおかげです[E:happy01]
    このウィングチップじゃないエアバス機はボーイングと判別出来ません[E:sweat01]
    こんなラウンジ、私みたいな庶民は一生利用出来そうにありませんです[E:crying]

  2. いはち より:

    またひとつ良い機材が消えて行きましたか。
    ANAには無い機材でしたからね。私は乗ったことが
    無いのでしょう。
    ラウンジが新しくなったのですか?

  3. ま~く より:

    ネズちゃん
    エアバス機材でもウイングチップがないものがありますので
    飛行機の顔で覚えましょう。
    ちゃんと見るとボーイング顔、エアバス顔があります。
    と、言っても難しいですね(笑)
    見分け方について解説しているサイトもありますので、
    そちらを参考にしてはいかがでしょうか。

  4. ま~く より:

    いはちさん
    これでJAS時代に導入された機材の殆どが退役となってしまいます。残りも退役方向のようで寂しい気がします。
    JALの羽田空港のラウンジ、新しくなってきれいになりました。

  5. 餌釣師 より:

    へぇ、小さいのはウィングチップと言うのですか?
    また勉強させていただきました。
    ましてやこれで、A社B社を判別するなんて思いもしませんでしたよ。

  6. くぅねる より:

    確かに新しいラウンジからは飛行機の撮影が難しくなりましたね。
    退役が急遽延期されたA300-600R、私もまた乗ってきたいと思います!

  7. ま~く より:

    餌釣師さん
    ウイングチップかウイングレットかでA社かB社か判別できるのは
    日本の国内線の飛行機限定です。これだけで分けることは本当は無理です
    たとえば日本の航空会社が導入していない、A社のA340等なんか
    ですと立派なウイングレットを装備しています。
    (成田に行くとSwitzerland Air や Virgin AirなんかがA340で来ています)
    私の好みはB737-800なんかみられる大きなウイングレットです。

  8. ま~く より:

    くぅねるさん
    あたらしいラウンジ、広くきれいなのは良いのですが、
    写真を撮るのには難がありますね。
    くぅねるさんのことだから一度は幻となっラストフライトの
    リベンジをするのではないしょうか

  9. いい飛行機なのになあ。
    撮り納めになっちゃうかなあ・・・。

  10. あさと より:

    Σ(;・∀・)う~ん
    多分この型の飛行機ブログ仲間では私が1番たくさん乗ってるのでは・・・と思います
    JASでの搭乗は少ないですが
    TGでの搭乗がかなりあります
    皆様と違って私・・・あまり好きではありません(申し訳ございません)[E:crying]
    間違いなく細かい理由の積み重ねです・・・・
    またお会いした時にでも・・・・


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »