タイ国際航空就航50周年記念塗装

タイ国際航空(Thai International Airways)は、1959年に設立された航空会社で翌年には東京国際空港(羽田空港)に就航を果たしている。昨年は日本就航から50周年ということになり、タイ国際航空ではそれを記念した特別塗装機を就航させている。

Imgp0142

先日の成田での撮影では、こちらの特別塗装機に遭遇し撮影することができた。特別塗装機は日本就航当時の塗装を再現しているとのことである。就航当時に、まだこの世に生を受けていなかった、小生は無論当時の様子を見たことはない。復古カラーのB747-400機は確かに、時代を感じさせる感はあるものの逆にそれが新鮮さを感じる思いであった。

ちなみにタイ国際航空と同じ年に設立された航空会社に、台湾の中華航空(Chana Airline)がある。こちらは時代的な背景もあり、日本就航を果たすのは1967年になってからのこととなる。この日は記念カラーのそろい踏みとはならなかったものの、しっかり中華航空の勇姿を収めることもできた。

_digital_images_2011_05_17_imgp0142_2[1]

タキシングしてくる、特別塗装機です。

_digital_images_2011_05_17_imgp0147[1]

特別塗装を施されているのは、B747-400(HS-TGP)です。

_digital_images_2011_05_17_imgp0149_3[1]

通常のタイ国際航空の塗装はこんな感じです(別の日に撮影)

_digital_images_2011_05_17_imgp0150[1]

最後はおまけ、中華航空のA330-300(B-18308)

8 responses on タイ国際航空就航50周年記念塗装

  1. いはち より:

    私が初めて羽田空港に行ったのは小学校の修学旅行でした。
    初めて間近で見た727の迫力に感動を覚えました。
    この塗装は見なかったな~って、週に何便かしか飛んでなかった
    のかもしれませんが。
    その頃のタイと日本の関係はどうだったのでしょうね。

  2. あさと より:

    この特別塗装は初めて見ました
    私は1960年生まれですが
    こないだのったTG便で
    今の年齢だけは一緒だよというと
    デザートをおまけしてくれました(爆)

  3. 餌釣師 より:

    紫色のイメージがあるから特別塗装は何だか新鮮な感じがします。
    あーこれに乗って夢の国に飛びたいです(笑)

  4. ネズちゃん より:

    タイ国際航空は日本に就航して50年になるんですか[E:sign01]
    そんなに歴史があるんですね。
    ANAといいJALといい昔の塗装復刻が流行っていますね[E:happy01]

  5. ま~く より:

    いはちさん
    当時は日本経由でアメリカまで飛んでいたようです。
    会社設立の翌年に日本に就航したくらいですから、日泰関係は
    良かったのではないでしょうか

  6. ま~く より:

    あさとさん
    特別塗装機は他の空港にも飛んでいるかは
    調べてませんのちょっと不明です。
    TGと同年代ですか(^^ゝ
    ちょっとした、おまけでも嬉しいものですね。

  7. ま~く より:

    餌釣師さん
    最近になってようやく新しくなったカラーに馴染んできた頃
    だったので、この復刻カラーは少し驚きました。
    これに乗って、パパの務めを果たしてきてください(笑)

  8. ま~く より:

    ネズちゃん
    ANAのモヒカンもだいぶ話題になりましたね。
    最近は合併があったりするので、復刻されないカラーというのも
    出てきそうです。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »