羽田空港 セキュリティチェック -タイ怪像録 Vol.02

4月29日(1日目) Ⅰ

旅の出発点となったのは、東京国際空港(羽田)でした。深夜0時40分発の便ではありますが、18時頃に羽田に到着します。空港に到着後は、カウンターでチェックインを済ませ、さっさとセキュリティに向かいます。

優先レーンがすいていたこともあり、小生自身はすぐに検査を終えます。当然、引っかかるはずもありません。しかしそうでなかったのは細君の方でした。なんと子供が空港までの道中に飲んでいたジュースのペットボトルを、しっかりカバンにしまいこんでいたのでした。

飲みかけのジュースですし、ラウンジに入ればいくらでもジュースは飲めます。そこですぐさまジュースを放棄しようとすると、係官が意外な言葉を発します。

 -お子さんは何歳ですか?

そこで子供の年齢を伝えると、そのまま持ち込みOKとなりました。空港公団や航空会社のサイトを見ても、粉ミルク用のお湯の持ち込みに関する記載はありますが、子供なら液体の持ち込みOKとの記載はありません。しかし現場の運用として未就学児童の飲料の持ち込みは許容されているようです。

そんなこともあり少し意外な感を抱きながら、セキュリティチェックを抜けることとなりました。


この日の出発は羽田空港からでした。京急を降りてエレベータを上がったところには、こんな時計がありました


Wi-Fiサービスのカウンターがあります。こちらはこれから海外に行く人向けですね


JALのカウンターでチェックインします。


今回の荷物は50kgを切りました

8 responses on 羽田空港 セキュリティチェック -タイ怪像録 Vol.02

  1. ハニー より:

    そうそう、未就学児okなんですよねー。私は何かのブログで予め知った記憶があります。うちは麦茶派なので、ラウンジ利用の時も水筒に入れて麦茶を持ち込んでました。去年関空の手荷物検査では、大人も水筒で飲料が持ち込めてたのを目撃しました。うちは知らずに水筒を検査直前に空にしました(泣)。今年は成田で麦茶入り水筒を試したら、一度はその場で子供が飲むことで安全確認されたのですが、年齢聞かれてNGとなり、その場で捨てました。捨てるバケツがあるようで、捨ててくれました。

    1. ま~く より:

      ハニー さん

      公式アナウンスとして未就学児童がOKとされていないので、利用者としても戸惑うこととなります。きちんとルール化して周知するほうが良いと思います。そうでないと、現場でトラブルが起きる元だと思うんですよね。

      ラウンジ内はやはり子供向けのジュースは種類が少ないので、普段の見慣れている麦茶を持ち込みたいというニーズはやはりあるのでしょうね。うちの場合は牛乳ばかり飲んでいますので、ラウンジに常備されているものと一致しているのは幸いです。

  2. いはち より:

    へ~。そんな事もあるんですね。
    まあ、暗黙の了解とでも言うのでしょうか。
    この後はラウンジでのんびりですかね。

    1. ま~く より:

      いはちさん

      明文化されていないルールだけに、わかりにく面があると思います。また海外の空港では扱いが異なるはずですので、そのあたりも混乱のもとのように思います

  3. 鉄路迷 より:

    へ~、
    子供だと大丈夫なんですね。

    それにしても荷物の重量が・・・。
    空港まで運ぶのも大変だったでしょう。

    1. ま~く より:

      Dr.鉄路迷さん

      子供のOKというのは想定外でした。別に飲みかけのジュースなんて放棄しても良かったのですけれど、期せずして持ち込みOKとなりました。

      荷物はどうしても多くなるので、いつもは空港まで車なのですが、今回は出国と帰国の空港が別でしたので、そういうわけにもいきませんでした

  4. あさと より:

    乳幼児のものがOKなのは理解できますが
    未就学児がOKというのは不思議ですね
    お子さんのいらっしゃるま~くさんには言いづらいのですが
    日本という国は本当に子供に甘いです
    もちろん保護しなければならないのは間違いありませんが
    それを売りにその親に媚びを売ってるように感じる時もあったりします

    荷物はあらかじめお家で一度計量されたのでしょうか

    1. ま~く より:

      あさとさん

      帰国後にもいろいろと調べてみましたが公式なアナウンスとして、未就学児に関する液体持ち込みに関するルールが記載されているものは見つかりませんでした、運用で変なセキュリティホールを作らないほうが良いと思うのですが・・・

      以下で案内されているJALによると、私一人で100㎏近くの荷物を預けることができます。

      https://www.jal.co.jp/inter/baggage/checked/

      そのため国際線に乗る際には、荷物の重さを気にしませんので、事前に重さを図るという事はしていません。ただ機内持ち込み可能なサイズの荷物も用意して海外の国内線に乗る際には、それで調整できるようにしています


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。