prologue -タイ・ソンクラーン録 Vol.01-

タイでは4月13日~15日はソンクラーンというタイ旧暦の正月のお休みとなる。都会で働くタイ人も多くが故郷に帰省し家族と一緒に過ごし、ソンクラーンを祝う。そんなタイのソンクラーンに、今年はホアヒン出身のタイ料理店の店主をはじめとして複数の日本在住のタイ人から招待された。そんな招待のなかから厳正なる選考の結果、タイ東北部イサーン地方でのソンクラーンを体験しに行くことにした。(選考基準は非公開です)

目的地はイサーンの中核都市であるウボンラチャーターニから北に約100kmのところにある、アムナートチャルーン県ムアンアムナートチャルーン郡にある小さな村である。

アクセス方法としては、バンコクのモーチットから出ている長距離バスで8時間ほどかけてアムナートチャルーンへ行くか、飛行機または鉄道でウボンラチャーターニまで行きそこから、そこから乗合いバスで1時間半ほど揺られてアムナートチャルーンへ行くことになる。いづれにしてもアムナートチャルーン中心部から滞在先の村への約20kmほどの移動は村の人に迎えに来てもらうなどの必要が生じる。

そんな条件を勘案しながら小生が移動手段として決めたのが、タイに入国後にバンコクからウボンラチャーターニまで飛行機で行き、ウボンラチャーターニ空港でレンタカーを借り、目的地へ向かうというものであった。海外で車を運転した経験はないが、日本と同じ左側通行、右ハンドルであるし、Google Earth で見る限り田舎の一本道なので何とかなるだろうと考えての計画立案となった。

Amnartcharoen[1]
地図右上の肌色の部分がアムナートチャルーンです。ラオスと国境を接する県です。 ※PCの場合は画像クリックで拡大表示します

6 responses on prologue -タイ・ソンクラーン録 Vol.01-

  1. あさと より:

    ありゃ帰国後すぐに旅行記が始まるんですね
    選考基準はともかく(爆)
    選考場所は想像よりずっと東ですね
    日本から飛行機で行くと右側に見えるところでしょうか
    いつもこの辺りに来て
    やっと気分がタイモードに入るところです

  2. いはち より:

    おや。ラオス国境の街まで行かれるのですか~
    選考基準は、まあだいたいの所想像は出来ますが。
    移動手段にレンタカーを使うのって
    なかなかチャレンジャーですね。
    私もたぶん同じ事を考えるかもしれません。

  3. ま~く より:

    あさとさん
    実は今回と次回の記事については出発前の内容ですので出発前から
    準備をしていたんです(笑)
    おっしゃるように日本から飛行機で行くとインドシナ半島に入り、ベトナム
    ラオスを通過しタイ上空に至った時に通過するエリアが今回の
    目的地になります。

  4. ま~く より:

    いはちさん
    海外でレンタカーを借りると言うのは私もチャレンジ的な試みだとは
    感じましたが目的地がド田舎である事を考えると滞在中もアシがないと
    不便に感じるのではないかとの判断です。
    本当はラオス国境まえで行きたいという気分もあったのですが
    諸般の事情で実現しませんでした

  5. 餌釣師 より:

    やっぱり国際免許の目的が(笑)
    しかし、初タイでずいぶん珍しい所に行きましたよね。
    なかなかそんな人いないですよ。

  6. ま~く より:

    餌釣師さん
    メジャーな観光地ではないですから確かに日本人は少ないです。
    バンコクと違って日本人を目にする機会はありませんでしたしね
    ただほかの候補地に行っても状況は変わらなかったと思います。

餌釣師 にコメントする コメントをキャンセル

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。