一碧湖 -2015年09月 伊東温泉記 Vol.9-

せっかく伊東に来たものの、初日は伊東にある観光スポットには行っていなかった。そのため伊東にある観光スポットを行こうと考え、向かったのが一碧湖であった。

IMG20150924210[1]

一碧湖は約10万年前の噴火でできた火口の「マール」と呼ばれる丸い窪地に火口に水がたまり形成された湖である。そんな成り立ちの湖であるが、現在では静かで美しい姿を見せている。俳人の与謝野鉄幹・晶子夫妻も愛した湖と言われ、湖畔には彼らの歌碑が建てられている。

小生が訪れたときはまだ紅葉には早い時期であったが、それでも気の早いモミジは色を変色させつつあるといった状態であった。紅葉の時期であれば、湖の美しさと相まって素晴らしい景色を見せてくれるであろうという事は容易に想像ができた。機会があれば紅葉の季節にまた来てみたいと思わせる、湖であった。

IMG20150924220[1]

一碧湖に行く途中に立ち寄った三浦按針像。でも なんか変です。

IMG20150924230[1]

気を取り直して一碧湖へ。静かな湖です。

IMG20150924250[1]

美しい湖畔には・・・。

IMG20150924240[1]

三浦鉄幹、晶子夫妻の歌碑が建っています

IMG20150924260[1]

この日はアヒル君もいました

IMG20150924270[1]

モミジが色づき始めていました。

IMG20150924280[1]

紅葉の時期にはこんなアングルで撮ったらよさそうです。


8 responses on 一碧湖 -2015年09月 伊東温泉記 Vol.9-

  1. あさと より:

    こんな静かな景色の場所が伊東にはあるんですね
    あのあたりのスポットって
    どうしても温泉の賑わいだ頭に浮かぶだけです・・・

    1. ま~く より:

      あさとさん

      私も伊東と言うと温泉のイメージs日かありませんでしたが、こうして調べてみるといくつか観光スポットがあるようです。まぁ華やかな感じのものはありませんが・・・

  2. いはち より:

    静かで落ち着きそうな場所ですね。
    与謝野鉄幹・晶子夫妻はこの一碧湖で
    いくつか歌を詠んでいますね。だから石碑が
    あるのでしょう。
    ほぼ同じ頃に種田山頭火もこちらを訪れていますが
    ここでは一碧湖の様子を日記に書いただけだったみたいです。
    伊豆と言えば海のイメージがありますが、こんな観光地もあったのですね。

    1. ま~く より:

      いはちさん

      こちらの歌碑にはまさにその歌が彫られています。古くからある当時客に親しまれてきた場所だという事がよくわかりますね。

      山頭火の方は知りませんでした。

  3. 餌釣師 より:

    私的にはここは、アングラーズポイント・・・要はフィッシングエリアでございます(笑)
    釣り人はあまり出てませんでしたか?

    1. ま~く より:

      餌釣師さん

      訪れたのが午前の早めの時間だったせいか、釣りをしている人を見かけることはありませんでした。遠くにボート乗り場が見えていますが、こちらもボートを漕ぎだしている様子は見られませんでしたね。
      もっぱらジョギングしている人や私のように散策する人ばかりでした

  4. Dr.鉄路迷 より:

    そういえば・・・、
    私、伊豆では浄蓮の滝も見ていないかも・・・。
    このまえは韮山の反射炉まで行こうとしたのですが、手前で断念。
    すこし、時間をかけて観光する余裕がないといけないかもしれません。

    1. ま~く より:

      Dr.鉄路迷さん

      今回は浄蓮の滝にはいきませんでした。
      歌にある通りなかなか険しい道となりますし、遠回りになりますので選択肢に入りませんでした。でも10年以上前に行ったことはありますよ。
      韮山反射炉は周囲に何もないのでそれを目的としていかないとなかなか行く機会はないかもしれませんね


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »