タイスマイル、チェックイン
– タイ・イサーン冷涼録 Vol.53 –

ウボンラチャターニまでの往路は、タイ・ライオン・エアの利用でしたが、バンコクへの復路はタイ国際航空の社内ブランドであるタイスマイルの利用となります。到着時にはあまり空港の様子を見ることができなかったので、改めて空港内を散策してみます。

Ubonratchathani airport, UBP

以前は少し薄暗い印象でしたが、明るい雰囲気に生まれ変わっています。

UBP ウボンラチャターニ国際空港

以前にはこの場所に入れませんでしたが、少し高い位置から非制限エリアを俯瞰してみます

Ubonratchathani airport, UBP

タイスマイルの他にウボンラチャターニ国際空港に乗り入れているのはこちらの4社です。右からタイ・エアアジア、ノック・エア、タイ・ライオン・エア、カン・エアです。カン・エア以外はバンコク線を運航しています。

Ubonratchathani airport, UBP

空港内では珍しい人を見かけました。こちらの僧形の方はファラン(白人)です。エアアジアのカウンターでチェックインしていました。

さていよいよチェックインです。時間になって一番乗りでカウンターでチェックインすると、何やら妙に時間がかかります。係におねぇさんが一生懸命何かを書いているのです。何だろうと思っていると、こんなものを渡されました。

Ubonratchathani airport, UBP

ミールクーポンです。

実は前回同様にバンコクへ戻る便はビジネスクラスを予約していました。ウボンラチャターニ国際空港には、タイ国際航空のラウンジがありますので、そこに入れるはずでした。空港に早めに到着したのもラウンジでのんびりするためでした。

ところが係のおねぇさんの話では、空港の改装工事にあわせてラウンジも改装工事に入ったので使えないというのです。そこで代わりに空港内のショップで使えるミールクーポンを用意してくれたとのことです。

ラウンジが使えることが、ビジネスクラスを予約した要因のひとつででしたが、思わぬ展開です。でも使えないものは仕方がないので、もらったクーポンで食事をすることにします。

チェックインカウンターで貰ったミールクーポンが使えるお店はセキュリティチェックのすぐそばにありました。と、言うかこの時は空港のなかには、食事ができるお店は1軒しかありませんでした。以前にこの空港に来た時にはもう一つ飲食店がありました。あの時は空港に早く着きすぎたためにビールを飲みながら時間をつぶすのに利用したのですが、その店があった場所に行って見ると・・・

Ubonratchathani airport, UBP

綺麗さっぱり何もなくなっています。ちょっとこのガランとしたスペースはもったいないですね。気を取り直してクーポンが使えるお店に戻ります。

UBP ウボンラチャターニ国際空港

こちらがクーポンが使えるお店です。

Ubonratchathani airport, UBP

麺の種類は分かりませんでしたがクィッテアオかと思って「noodle」と注文してみました。

Ubonratchathani airport, UBP

出てきたのはバミーでした。やはりセンレックが良かったです。

Ubonratchathani airport, UBP

同行者はカオ・パッ・クンをオーダー。やはりこちらの方が正解でした。

10 responses on タイスマイル、チェックイン
– タイ・イサーン冷涼録 Vol.53 –

  1. あさと より:

    私のフライト体験では
    ラウンジがない空港はほぼありませんでした
    北から
    札幌・成田・羽田・中部・伊丹・関西・松山・福岡・那覇
    ない空港の経験は
    高知と長崎と離島です

    MKさんが経験されたように
    これらの設備がある空港でなんらかの要因で使えない時は
    ミールクーポンをいただいたことがあるのですが
    ない空港ではないままです
    これは一瞬「えっ?」と思ったのですが
    ないのが通常なら当たり前なのでしょうね

    空港のお店なので
    それなりなのは同行者様も良くご存じだったんでしょうね

    1. ま~く より:

      あさとさん

      私の場合は日本国内ですとラウンジがない空港は神戸しか経験がありません。ラウンジでゆっくりする事をもくろんでいた私としてはちょっと残念でした。次回はビジネスではなく通常のクラスの利用になるかもしれません。

  2. Dr.鉄路迷 より:

    ラウンジに入れるようになるまでは、こちらの負担は大変なのに、
    いざ、使えないときのラウンジの価値は100バーツなんですね。
    空港内で100バーツって大したことができないように見えるのですが・・・。

    1. ま~く より:

      Dr.鉄路迷さん

      100バーツでもあちらの物価を考えれば、きちんと食事ができる値段ではあります。ラウンジに入ってもこちらの空港の場合はインスタントのお粥かジュースくらいしかありませんので、あまり変わらないかもしれません。

  3. 餌釣師 より:

    まぁでもセキュリティエリア内のラウンジの改装ですよね。
    金浦のラウンジも改装してほしいくらいです。
    その間使えなくなっても我慢しますんで、何とかしてくれとお願いしたいものです。
    でも、こちらは年に何度も使うわけではないのでそうも言ってらないか・・・
    バッドタイミングでしたね。

    ファランのお坊さんは確かに珍しいですね。
    タイだと東南アジア顔からモンゴリアン顔まで幅広くいるんで、日本人とかがお坊さんになっても中華系タイ人かな?思われるだけでしょうけど、ファランだとさすがに目立ちますね。
    彼、何か思うことあったんでしょうかね?

    1. ま~く より:

      餌釣師さん

      本当にタイミングが悪かったです。おそらくタイ国際航空からタイスマイルに移管されて何かしらの影響を受けているものと思われます。タイスマイルに完全に移管されてラウンジサービスがなくならないと良いのですが・・・

      ファランのお坊さんを見たのはこの時が最初で最後です。背格好が違いますので、やはり目立ちますね。タイで沈んでしまって、そのまま出家したんですかね・・・

  4. いはち より:

    空港の食事ってけっこう値段が張る様にも思えますが、100バーツですか・・
    ビジネスクラスなのに。
    私もカオ・パッ・クンを頼むでしょうね。これは美味しそうです。
    ラウンジでもセントレアのラウンジなら金券をもらった方がいいかな?と
    思います。

    1. ま~く より:

      いはちさん

      空港のお店にしてはリーズナブルなんですよ。ですので100バーツもあればこれにビールを一緒に買って充分でした。ビールと一緒に食べるものでしたので麺類を選んだのですが、ちょっと期待はずれでした

  5. 旅途愉快 より:

    ラウンジも使おうと思って、クラスをUPして使えないとなると少しガッカリですね。
    タイ航空のラウンジがあるということは、今はLCCばかりのようですが、以前は本家のタイ航空が乗り入れていたのでしょうか?

    1. ま~く より:

      旅途愉快さん

      ラウンジの件は残念でした。

      以前はタイ国際航空本体が乗り入れていましたが、2013年ころにタイスマイルに移管されました。移管後もタイスマイルの機材でなくタイ国際航空の機材で運航されるケースもありますし、その線引きは曖昧な部分もあります


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »