ティーヌン ~ タイ料理店

エスニック料理に、最近凝っているいることは本ブログでも再三に渡って書いてきているが、今回は神保町にあるティーヌンというタイ料理の店について書こうと思う。

タイ料理といって恐らく最も有名な料理は、トムヤムクンであろうと思う。実際にこのティーヌンもトムヤムクンのスープに麺を入れた、トムヤムクンラーメンで有名な店である。しかし、実は小生はこのトムヤムクンと言う料理があまり好きではないのだ。最初にトムヤムクンを食べたのは10年以上前のことであるが、辛さと酸っぱさの合わさった味と言うのがどうしても口に合わなかった。2~3年前にも再チャレンジしてみたのであるが、やはりどうしても駄目であった。

_digital_images_200607270945000[1]

したがって小生がこの店で食するのは、有名なトムヤムクンラーメンではなくご飯物のメニューである。一番のお気に入りは「パネーンガイラーカオ」(写真上)というメニューである。日本語にすると「鶏肉のカレーソースかけご飯」という事らしい。また材料の鶏をエビに変更した「チューチークンラーカオ」(写真下、目玉焼きはトッピングのオプション)と言うのもなかなか美味しく大体この店に来るとどちらかを食することになる。なかなかエスニック感が満喫できる味である。

この他にも「ガイガパオラーカオ」(鶏挽肉の辛味バジル炒めのせご飯目玉焼付き)などはエスニック料理としては、辛味バジル炒めという割にはそれほど辛くなくエスニック料理に慣れてない人でも抵抗感が少ないものと思われる。また最近、メジャーなタイ料理となってきたグリーンカレーなどもあり、いずれもお勧めである。

メニューには「ご飯の量は250gで少し多め」との事なので、小食の方はご飯を少なめに盛って貰うようお願いすると良いだろう。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »