食事 – 2010年6月 上海雲烟録 Vol.2 –

この時の出張では、様々な事情で一人で食事をとる機会が実に多かった。上海で一人飯となると、小生の場合は決まって人民食堂に行くことになる。昼であれば高くても20RMB、夜でもビール一本と2品位頼んでも60RMBほどで済む。

P1000660

値段の安さもそうであるが、やはり外国に行った現地の人同じものを食べたいという考えからの行動である。もちろん中には、食べて失敗したという感想を持つ事もあるが、幸いにしてお腹を壊すような事はないのも助かっている。
今シリーズは短めのシリーズとなるため、食事ネタについてはまとめて、今回紹介しよう思う。

上海・真功夫

こちらは浦東国際空港について食べた真功夫の排骨肉飯。すっかりお気に入りのメニューです。

上海・酷味楽

会社近くの定食屋さんにて。これで20RMBほど

上海・排骨肉

ある日の夕食に食べた排骨肉。中国に行くと豚肉を食べる機会が多いです。

上海・昼食

地元の人で賑わう食堂に入ってみました。
これで5RMBと格安でしたが、味はイマイチ・・・

上海・昼食 牛腩飯

昼食で一番のヒットがこれ。 紅焼牛肉腩飯 12RMB。
これにスープが付きます。


4 responses on 食事 – 2010年6月 上海雲烟録 Vol.2 –

  1. ネズちゃん より:

    上海の食事はどれも美味しそうなものばかりですね[E:sign01]
    空港の排骨肉飯がとっても美味しそうです[E:lovely]

  2. 餌釣師 より:

    相変わらず肉食でんな〜
    あっちの方も肉食でっか?
    うっしっし[E:smile]

  3. ま~く より:

    ネズちゃん
    一般の人が行っているようなお店ばかり行っていると
    中には外すこともあるんですけれどね(苦笑)

  4. ま~く より:

    餌釣師さん
    草食系男子の流行りなんてどこ吹く風といったところでしょうか(笑)
    上海に行くとどうしても肉中心の食生活になってしまいますが
    最近は意識して野菜を取るようにしています。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »