2006年バリ島随懐録 – Vol.2 サプライズ –

2006/8/18(金)
この旅行では旅行会社のツアーで手配をしていたので、空港にはガイドが迎えに来ていた。旅行会社の車に乗込み、滞在先のBali Tropic Resort & Spa に到着したのは1時ころであった。バリ島は日本と1時間の時差があるので、日本では夜中の2時ということになる。

20060818_002_balitropichotel

この時間であるから、この日はシャワーを浴びて寝るだけである。スーツケースを開けて、必要な荷物を出していると、不意に扉をノックする音がした。この時間になんだろうと思って、扉を開けるとポーターが、ケーキを片手に立っていた。

実は手配をした旅行会社の係りの女性に、「今回は新婚旅行ですか」と聞かれていたのだ。別に新婚旅行という訳ではなかったし、当時結婚していた妻とは、結婚してから数年が経っていたが、とりあえず「はい」と答えておいたのだ。

このケーキは新婚旅行と聞いたホテルから、新婚旅行のお祝いのプレゼントだというのだ。それにしても翌朝に持ってくれば良いものをと思いながら、真夜中にケーキを食べることになった。いま思い起こしてみると、少しセンチメンタルな気分になる出来事である。

_digital_images_2009_12_11_20060818_507[1]

ホテルの室内に様子。

_digital_images_2009_12_11_20060818_508[1]

ベットには花でこんな飾りがされています。ハネムーン仕様です(笑)

_digital_images_2009_12_11_20060818_511[1]

こちらは真夜中に食べたケーキです。


10 responses on 2006年バリ島随懐録 – Vol.2 サプライズ –

  1. あさと より:

    コメントしづらいっすね(爆)
    ベッドが二つだし・・・・・
    でも天蓋付きで気のにおいが漂うお部屋はさすがバリのリゾートですね♪

  2. くぅねる より:

    凄くムードのあるベッドルームですね(^_^;
    新婚さん気分を味わえたでしょうか(笑)。

  3. 餌釣師 より:

    あさとさんに同じ(笑)
    しかし、とりあえず聞かれたら何でも「Yes」と言っとくべきですね。
    粋な計らいでしたね。

  4. いはち より:

    いや~ 何だかすごくコテコテの部屋ですなあ・
    とりあえず新婚旅行って答えると 良いことがあるのですね。
    でも 夜中にケーキなんか食べたら虫歯になりまっせ。

  5. ま~く より:

    あさとさん
    っん?
    あぁ、なんか変に気を使わせちゃいました。
    そこは気にする所ではないですよ
    この天蓋は本当にバリに来たことを実感させます。
    チープな宿では流石に天蓋はないですが

  6. ま~く より:

    くぅねるさん
    順を追ったためにホテルの外観の写真については
    後日になってしまいますが、外観もなかなか良いですよ。

  7. ま~く より:

    餌釣師さん
    何でもYesと行ってみるものです。
    まさか真夜中にケーキが来るとは思いませんでしたが(笑)
    そういえば私の現在のステータスってお話したことがありませんでしたね。
    そのうちまた・・

  8. ま~く より:

    いはちさん
    バリリゾートの定番といった感じの部屋です。
    でも曲者がベッドのわきにある傘です。
    夜中トイレに行くときに、こいつに幾度となく脛をぶつけました(笑)

  9. ネズちゃん より:

    私もま~くさんの現在のステイタスを知らなかったもので・・・[E:coldsweats01]
    こんな天蓋付きベッド、女性の憧れです[E:notes]

  10. ま~く より:

    ネズちゃん
    私の現在のステータスは、赤組がJGC クリスタル、青組がヒラ会員です(笑)
    天蓋付のベッドは南国の雰囲気の醸成にはぴったりですね。
    こうやって書いているとまたバリに行きたくなります。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »