エアチェック環境再構築

radikoに関する記事を先日書いたが、今回はその続編としてridikoのサービスが私に与える影響について書こうと思う。これまで複数のラジオ番組をエアチェックして聴いている事は何度か書いてきた。

我が家では室内におけるFMラジオの受信状態が良くないために、様々な工夫をしてきた。一時期はモバHO!という有料衛星放サービスに加入した時期もあった。しかしモバHO!が事業を停止した後は、以下のようなエアチェック環境の構成となっている。

FMアンテナ(4素子) -> ラジオチューナ -> HDDレコーダ(TOSHIBA RD-H1)

Af4

ただHDDレコーダはあくまでも録画機器なので、データは画像が真っ黒の動画データとして保存される。そのため、エアチェックした放送は以下の手順を踏んで編集作業が発生している。

 1. HDDレコーダに“録画”されたデータをPCに転送
 2. “録画”データから音声のみを抽出
 3. 音声データの不要部分(CM等)をカット
 4. MP3にエンコード
 5. iTunes経由でiPodに転送

radikoのサービス開始によってPCで直接録音することが可能となり、1,2の作業が不要となった。この二つステップは、時間もかかる作業であったために不要になることは、私にとっては大きなトピックスである。

音質もアンテナで受信したものより格段に良いことから、FMならではの高音質の放送を楽しめる事が出来るのは、うれしい限りである。この連休はFMアンテナの撤去作業行い、すっきりとした外観を回復することができた。

_digital_images_2010_03_21_p1020111[1]

こちらが撤去したFMアンテナ。TVアンテナが目立たないのに、
FMアンテナがこういう状態なのは不本意でしたが、ようやくすっきりしました。

6 responses on エアチェック環境再構築

  1. ネズちゃん より:

    昨日の日記とはだいぶ温度差がある私ですみません[E:sweat01]
    今日の内容は飼い主が喜びそうな内容ですが、レディーの私には???[E:coldsweats01]

  2. いはち より:

    私の住んでいるところでは昔FM波の受信に困難しました。
    よくステレオについているケーブル状のアンテナが
    あるのですが、それだとザーッという音がして
    録音ができなかったのです。
    なので これを建てたんですよ~。
    今では車でも聞けるようになって・・
    時代は変わりました。

  3. くぅねる より:

    私もようやくridikoを試してみました。
    AMラジオの音質の良さは感動モノですね~。
    しっかりとステレオ放送なのも嬉しいところです。

  4. ま~く より:

    ネズちゃん
    この手の話は少しマニアックですからね。
    最近我が家に頻繁にフレッツTVの勧誘の電話がかかってきますが
    私以外はまともに対応できる人間がいません(笑)

  5. ま~く より:

    いはちさん
    最初は私もラジカセのロッドアンテナを使っていました。
    しかし今の家に引越してから受信環境が著しくわるくなりました。
    どうも最近の家は気密性が高くなったためか、電波も通しにくいみたいです。

  6. ま~く より:

    くぅねるさん
    radikoのサービスは革新的ですね。
    数年前からこういうサービスを期待していたのです。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »