プライベート -JGP達成へ向けて Vol.2-

金曜日に親戚が亡くなったとの訃報に接することになった。そこで急遽、葬儀への列席のために親戚の住む地に飛ぶことになった。その親戚が住むのは大阪北部の某所、伊丹空港に程近いところである。そのため今回はお馴染みの伊丹行きの便ながら完全にプライベートでの搭乗となった。

葬儀の日程が斎場の関係で土曜日の15時からと少し遅めの開始となった。そのためすべての予定が終わるのが遅くなることが見込まれたことから、今回は空港近くのホテルに1泊での旅程となった。

【土曜日・往路】
いつもは一人で京急またはモノレールで羽田空港に向かうところであるが、今回は4名で自動車での出発となった。羽田空港に到着後にJGCカウンターへ直行する。前日にあわてて予約をした段階では、事前指定できる座席が離れた座席しかなかったが早めに空港に着いたこともあり、後方の窓際の2人掛けの席を4人分確保することに成功する。

Sany0250

フライトの方は羽田空港を34R から離陸し、伊丹空港の32Lへの着陸となり、途中の航路上も安定したフライトとなった。

【日曜日・復路】
CAPの中には機内アナウンスのない方もいるが、今回のCAPは頻繁にア ナウンスをする方であった。まず、機内に乗り込んでいる最中にアナウンスがあり、担当CAP、COP、チーフCAに加え整備士の紹介までが行われた。次にベルトサインが消える前にドリンクサービスについてのアナウンスがあり、ベルトサインが消えてからのアナウンス、巡航高度からの下降に際するアナウンスなどがあった。

SANYO DIGITAL CAMERA

その後、羽田空港が近付いてからも天候不順により、羽田空港で着陸待ちの飛行機が待機しているので遅れるとのアナウンス、先行して着陸した飛行機がバードストライクを起こしたため再び待機になったとのアナウンスと合計で6回ものアナウンスがあった。

結局、定刻より15分程度遅れたRWY22への着陸であったが、これだけ状況について詳細に伝えてくれると乗っている方も現在の状況がわかり安心感を覚えるように思った。

【今回の搭乗】
6/28 JL113便 羽田-伊丹 B777-200 普通席(特便1)
6/29 JL120便 伊丹-羽田 B767-300 普通席(特便1)
現在のFLY ON POINT:58,304 FOP(JGPまで 21,696 FOP)

SANYO DIGITAL CAMERA

エコジェット

SANYO DIGITAL CAMERA

雲海


6 responses on プライベート -JGP達成へ向けて Vol.2-

  1. 落武者R より:

    今回もニアミスでしたね。
    私がもっと早くメッセージに気が付いていれば会えたかもしれませんね。
    いつか。 ぜひ。

  2. たけさと より:

    お悔やみ申し上げます。
    すごいポイントですねぇ~、私なんてとてもとてもかなわぬ夢ですよ~

  3. ま~く より:

    落武者Rさん
    飛行機も一本違いというところも先日と同様でしたね。
    またメッセージもお送りさせていただきます。

  4. ま~く より:

    たけさと さん
    ありがとうございます。
    去年の今頃はこんなにFOPがたまるなんて考えてもみませんでした。引き続きJGP目指して頑張ります。

  5. ききあ より:

    コメぁりがとでした=^ェ^=★
    大変でしたね‥
    お悔やみ申しあげます(/_;)

  6. ま~く より:

    ききあさん
    ありがとうございます。
    何かとドタバタとした大阪行きでした。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »