プミポン前国王葬儀に伴う対応について

昨年10月に崩御したプミポン前国王の葬儀が、10月25日~29日にかけて執り行われることになっています。これに伴いタイ政府は服喪期間を10月13日から29日までとすることを閣議決定しました。その間、政府機関、国営企業、教育機関などでは半旗が掲げられることになります。また、本ブログでも既報の通り、前国王が荼毘に付される10月26日はタイでは公休日となります。

その他にも葬儀期間(25日から29日)には、様々な特例対応がとられるようなので、現時点で判明している事について列挙したいと思います。

  • バンコクと地方を結ぶ長距離路線バス、バンコク首都圏の路線バス、タイ国鉄などが増便
  • バンコク首都圏の都市鉄道、チャオプラヤ川や運河を運航するフェリーが運賃無料(26日)
  • バンコク都内とスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートレイルリンク(ARL)が運賃無料(25日から27日)
  • 高架電車(BTS)の全線で運賃無料(26日)、2区間(オンヌット-サムロン、ウォンウィエンヤイ-バンワー)限定で運賃無料(25日、27日)
  • 都市鉄道ブルーラインが運賃無料(26日)、都市鉄道パープルラインが運賃無料(25日~27日)
  • 小売り大手テスコロータスが全店舗休業(26日14時から)
  • 映画館最大手メジャー・シネプレックスが全館休館(26日)
  • バンコク郊外の野外動物園「サファリワールド」が休園(26日)
  • パタヤのニューハーフショーパブ「ティファニー」が休業(26日)
  • バンコクの王宮と仏教寺院ワット・プラケオが一般公開中止(10月1日~29日)
  • バンコクのドゥシット宮殿内のアナンタサマーコム宮殿が改装のため閉鎖(10月1日~)
  • ナコンパトム県のサナームチャン宮殿が改装のため閉鎖(10月1日~)

このように官民問わず様々なところで、葬儀期間に営業を休む施設があるようです。タイ政府も服喪期間は歓楽施設の営業を自粛するよう呼びかけており、このような動きは広がりを見せるものと思います。

またタイ観光庁(TAT)では、服喪期間中は多くのタイ国民が黒い服を着用するため、この期間にタイを訪問する外国人についても黒い服を着る事が望ましいとしています。

4 responses on プミポン前国王葬儀に伴う対応について

  1. あさと より:

    私の場合はいつも黒服なので問題はありませんが
    滞在の29日の町の商店やらサービス施設の
    営業の状況が気になりますね
    行ったは良いが身動きができない・・・は困ります
    ブログネタはありそうですが(笑)

    1. ま~く より:

      あさとさん

      29日は服喪期間の最終日とは言え、葬儀は終わっているはずですので大きな影響はないとは思いますが、夜の関係のお店は休んでいるところがあるかもしれませんね。あまり影響がないことをお祈りしています

  2. いはち より:

    お店や映画館がお休みになるのですか。
    まあ、映画なんか見てる場合じゃないだろう・・・と言われればそれまでですが。
    経済効果と言われると逆の方向に向いていそうですね。
    そういえば昭和天皇の大喪の礼の時、日にちが決まった時に
    ゴルフ場を予約した人が職場にいましたよ。

    1. ま~く より:

      いはちさん

      国民に深く慕われた前国王ですので、仕方がないという側面はあるでしょうね。観光産業もこの期間は大きな影響を受けるの必至だと思います。まぁタイで王様が亡くなるのは70年以上なかったことですのでめったにあるわけではありませんしね


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »