タイの徴兵制度

タイでは4月1日から12日にかけて国内各所で徴兵検査が行われ、新たに10万4734人が兵役に就くことになりました。配属先の内訳は、陸軍8万11人、海軍1万6000人、空軍8723人となっています。

タイでは21歳から30歳の間にすべての男性は、タピアンバーン(住民票)がある場所で徴兵検査を受ける必要があり、兵役逃れは重罪に問われます。徴兵検査を合格者は兵役に就くかどうかの希望を問われ、志願者が定員を下回った場合は、兵役を希望しなかった人たちの間でくじ引きが行われ兵役に就く人が決定されます。

今年の場合は53万人余りが兵役検査に臨み、4万4797人が兵役を志願し、残りの5万9937人がくじ引きで兵役が決定したようです。志願者の割合は例年より高く、軍政による諸手当の充実や福利厚生の拡充と言ったイメージ戦略が功を奏したようです。

そんなタイの徴兵検査で昨年、タイ東北部のウドンタニの徴兵検査場に現れた、上の写真の21歳の青年が「美しすぎる」として話題になりました。徴兵検査は戸籍上の男子を対象としていますので、LB(レディ・ボーイ)も対象となります。しかしLBについては、病気扱いとして徴兵検査が不合格となるのが通例です。件の青年についても、徴兵検査で不合格となりくじ引きには進みませんでした。

なおタイの兵役期間や時期は人によって違いがあり、以下のようになっています。

  • くじ引きで兵役に就いた者:兵役期間は2年
  • 自主的に兵役を志願した者:兵役期間は半年
  • 大学生:卒業まで徴兵が猶予。兵役期間は1年間
  • 国防学校の卒業生:兵役免除

今年の徴兵検査に当たっては、小生が訪タイ時にイサーンでお世話になっている家の青年も対象となり、なんと赤紙を引いてしまったようです。2年間の兵役は厳しいものとは思いますが、頑張って欲しいと思うとともに有事が起きない事を願うばかりです。

6 responses on タイの徴兵制度

  1. あさと より:

    時々日本のテレビでも放映されますね
    ほとんどが世界ビックリ風習のような扱いで……
    確かに笑える話題かもしれませんが
    国のちゃんとしたちゃんとした制度ですので
    自国の常識や制度からかけ離れてるからと言って
    笑い者にする扱いはどうかと思ってました

    1. ま~く より:

      あさとさん

      本人にとっては兵役期間の2年間と言うのは大きいと思います。半島の某国のようにすべての男子がという事ではなく、くじで対象者が決まるというのは世界的に見ても少し変わっているのかもしれません。

  2. いはち より:

    私もテレビでくじ引きの様子を見ました。
    やはり外れた若者は嬉しそうでした。そこにプラスしてLBの話題もありましたが
    全員に徴兵制があるわけでは無いと言うのが私には納得がいかない所です。

    1. ま~く より:

      いはちさん

      徴兵制をとる国は既定の年齢に達したら全員が兵役に就くというのが一番公平なのだとは思います。しかしそうなると必要以上の数になってしまいます。軍人は公務員のようなものですので、財源もありますし必要以上の公務員を抱えるわけにはいかないという事なのだと思います。

  3. 鉄路迷 より:

    意外と志願者も多いんですね。
    志願だったら半年だけというのを考えたら、当ってしまって2年行くよりマシだろうと考える人もいるのでしょうね。

    1. ま~く より:

      Dr.鉄路迷 さん

      志願者数については私も同じ感想を持ちました。もし私が当事者なら半年間だけ我慢すればと考えるかもしれません。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。



Translate »